NYSORA IV アクセス アプリ - NYSORA

NYSORA ナレッジ ベースを無料で探索してください:

外出先でもマスター IV にアクセス

静脈カテーテル治療のためのインタラクティブなコンパニオン

究極かつ最も実用的な Go-To アプリを使用して、ルーチンと困難な IV アクセスをマスターします

IV アクセス アプリが提供するもの

ステップバイステップのガイド:

IV アクセスをマスターするためのビジュアルおよびテキストのガイド。

意思決定アルゴリズム:

周辺機器 IV アクセスおよびトラブルシューティングのテクニックによる簡単なナビゲーション。

高品質のビデオ:

実際の臨床例と専門家のデモンストレーション。

包括的な画像ギャラリー:

詳細な視覚補助により、IV アクセス技術の専門知識を習得するための明確さとガイダンスが提供されます。

すぐに手に入るものは次のとおりです

末梢静脈カテーテル法

  • 準備、カテーテル挿入の技術、挿入後のプロセスに関するステップバイステップのガイド。
  • カテーテル挿入技術と挿入後のプロセスの両方に関する臨床ビデオ、専門家によるデモンストレーション、アルゴリズム。

トラブルシューティング

  • よくある間違い、複雑な静脈へのカニューレ挿入、失敗した点滴の対処法についての専門家の実践的なヒント。
  • カテーテルが進まない場合、または点滴液が流れない場合に考慮すべき手順。
  • すべてに臨床ビデオと専門家のデモンストレーションが追加されています。

IV 特殊な集団におけるアクセス

  • 小児科、高齢者、慢性疾患患者に対する IV カテーテル治療の微妙な違いを探ります。解剖学的および生理学的な違いが点滴の配置とケアにどのような影響を与えるかを理解します。
  • 細い静脈や脆弱な皮膚などの特殊なシナリオに IV 技術を適応させるための詳細な手順を含むステップバイステップのガイダンス。
  • 肥満や糖尿病など、静脈アクセスが困難な患者の課題を示す臨床ビデオ。

米国のガイドによる IV アクセス

  • 超音波ガイド下 IV カテーテル挿入の技術を詳しく学び、血管アクセスの精度を高めます。
  • 最適な挿入ポイントを特定するための実践的なヒントとコツ。
  • 最も困難な臨床ケースでも段階的な視覚的なガイダンスを提供する専門家のビデオ チュートリアルにアクセスしてください。
そして、もっとたくさん来ます!

IV アクセス スキルを向上させる準備はできていますか?

今すぐ NYSORA IV Access アプリをダウンロードして、IV カテーテル挿入技術を完璧にしてください。

IV アクセス アプリが提供するもの

  • IV カテーテル挿入スキルを向上させるために設計された、ダイナミックでユーザーフレンドリーなアプリです。
  • 学生から技術の習得を目指す専門家まで、あらゆるレベルの医療従事者に最適です。
  • NYSORA Mastering Difficult IV Access: A Practical Manual を完全に補完するものです。
Q&A一覧

IV カテーテル挿入は、静脈 (IV) カテーテルとして知られる柔軟な滅菌チューブを静脈に挿入する医療処置です。このプロセスにより、薬剤、液体、栄養素を血流に直接届けることができ、採血にも使用されます。この手順は、病院、診療所、救急医療などのさまざまな現場で、看護師、医師、その他の医療従事者にとって基本的なスキルです。

はい、IV カテーテルは、IV カニューレと呼ばれることがよくあります。どちらの用語も、IV カテーテル法で使用される同じ医療機器を指します。これは、静脈に直接挿入できる小さなチューブで構成されており、静脈内治療を行うためのアクセスを提供します。 「IV カテーテル」と「IV カニューレ」という用語は、医療現場では同じ意味で使用されます。

IVカテーテルはどのように挿入しますか?

  • 準備: 必要な道具をすべて集め、手指衛生を実施します。カテーテルの挿入に適切な部位 (通常は腕または手) を選択します。
  • 設置場所の選択と清掃: 真っ直ぐで、目に見え、触知できる静脈を選択してください。感染のリスクを軽減するために、消毒液でその領域を洗浄します。
  • 挿入: 皮膚をピンと張った状態で、ベベルを上にして 10 ~ 30 度の角度でカテーテルを挿入し、カテーテルのフラッシュバック チャンバーに血液が確認されるまで挿入します。
  • 前進と確保: カテーテルを静脈内に少し進めてから針を引き抜き、カテーテルを医療用テープで固定し、IV ラインを取り付けます。
  • 確認と使用: 血液の戻りの兆候と腫れがないことを確認して適切な配置を確認し、処方された注入を開始します。

IV カテーテルを動脈ではなく静脈に正しく配置することは非常に重要です。静脈が正しく配置されていることを確認するための兆候は次のとおりです。

  • 適切なテクニック: 挿入時に無菌技術を使用し、清潔さを維持すると、感染のリスクを大幅に軽減できます。
  • 定期的なモニタリング: IV 部位に発赤、腫れ、痛みの兆候がないか定期的にチェックすることは、浸潤 (周囲の組織への体液の漏れ) や静脈炎 (静脈の炎症) などの問題の早期発見に役立ちます。
  • サイトローテーション: ガイドラインに従って、または合併症の最初の兆候が現れたときに IV 部位を変更することは、皮膚や静脈の損傷を防ぐのに役立ちます。
  • 教育とトレーニング: IV カテーテルを挿入するすべての医療専門家が適切な訓練を受け、最新のベスト プラクティスを確実に理解できるようにする。

IV カテーテルの交換頻度は、カテーテルの種類、注入の目的、患者の状態などのいくつかの要因によって異なります。ガイドラインでは次のことを推奨しています。

  • 末梢静脈カテーテル 直ちに交換する必要があるような合併症の兆候がない限り、感染症や静脈炎のリスクを最小限に抑えるために、72 ~ 96 時間ごとに交換する必要があります。
  • 中心静脈カテーテル (CVC) ガイドラインはその使用法や医療施設の特定のプロトコルに応じて異なりますが、一般にガイドラインはそれほど頻繁には変更されず、感染やその他の合併症の兆候がないか監視されます。

これらのガイドラインを遵守することは、IV 療法の安全性と有効性を確保し、医療現場での患者ケアの高水準を維持するのに役立ちます。