NYSORA 4 U (N4U): 新機能 - NYSORA

NYSORA ナレッジ ベースを無料で探索してください:

NYSORA 4 U (N4U): 新機能

2024 年 5 月 6 日

内転筋管ブロックは坐骨神経枝に影響を与えますか?

大腿部の中央部と内転筋遠位部の管ブロック技術は、注射液を管内に封じ込めるために、少量および大量の両方で膝の手術で頻繁に使用されます。ただし、膝窩窩への流出のリスクがあり、鎮痛に影響を及ぼし、坐骨神経の被覆による運動ブロックにつながる可能性があります。この放射線死体研究では、さまざまな内転筋ブロック技術後の坐骨神経部門の被覆の発生率を調べました。 18 体の新鮮な死体を使用して、両側に 2 mL または 30 mL の注入量で注射を投与し (合計 36 回の注射)、全身 CT スキャンで広がりを評価しました。その結果、坐骨神経はカバーされておらず、造影剤が膝窩窩に到達したのは XNUMX 例のみであることが明らかになりました。伏在神経の範囲は一貫していましたが、大腿神経は影響を受けませんでした。したがって、内転筋管ブロック技術が坐骨神経に影響を与える可能性は低いが、膝窩窩の広がりによる臨床鎮痛効果は依然として不確実である。

低容量(左)および高容量(右)の遠位内転筋ブロック後の典型的な注入物の広がりパターンを示すアキシャル CT 画像。実線の矢印はコントラストを示し、点線の矢印は特定の神経を示します。 PN、総腓骨神経。 SCN、坐骨神経。 SN、伏在神経。 TN、脛骨神経。

RAPM で論文全文を読むには、これをコピーして Google 検索に貼り付けます。 

スマルダーズ PS、テン フープ W、バウマン HM、他。内転筋管ブロック技術は坐骨神経枝の関与を引き起こさない:放射線死体研究。 Reg Anesth Pain Med。 2024;49(3):174-178。

https://rapm.bmj.com/content/49/3/174

お知らせ一覧