ケーススタディ: 大転子痛症候群 - 注射 - NYSORA

NYSORA ナレッジ ベースを無料で探索してください:

ケーススタディ: 大転子痛症候群 – 注射

2024 年 5 月 30 日

糖尿病を患う 65 歳の男性は、XNUMX か月間、左股関節外側の痛みに苦しんでいます。彼は発熱はないと報告しており、怪我や以前の治療歴もありません。患者は、夜間に痛みが強くなり、その側を向いて寝るのが困難になったと述べています。さらに、非ステロイド性抗炎症薬(NSAID)は彼の症状を軽減するのに効果がありませんでした。

身体検査

  • 左側股関節の痛み
  • 背中の痛みなし
  • 放射線照射や痛みの紹介はありません
  • 悪化要因や緩和要因がない
  • 温湿布が緩和をもたらします

超音波所見

左股関節のMSK超音波検査

  • 異方性中殿筋腱

異方性の中殿筋腱を明らかにする股関節側面の軸方向の図。

  • 中殿筋腱の挿入部位の大転子の皮質の凹凸

股関節の側面を軸方向から見た図。中臀筋腱の挿入部位に皮質の凹凸が見られます。

診断

患者は中殿筋腱障害による大転子痛症候群(GTPS)と診断された。以前は転子滑液包炎と呼ばれていた GTPS は、臀部の腱と滑液包の変性変化から発生します。この状態では太ももの外側に痛みが生じ、座ったり、階段を上ったり、衝撃の多いスポーツをしたり、患部側に横たわったりするなどの活動によって痛みが悪化します。

US Pain App で、治療戦略、患者の転帰、その他のユニークなケーススタディについて詳しくご覧ください。 知識を広げる準備はできていますか? クリック こちら 慢性的な痛みの治療のための究極のアプリを入手してください。

お知らせ一覧