ケーススタディ: 外側上顆炎 - 注射 - NYSORA

NYSORA ナレッジ ベースを無料で探索してください:

ケーススタディ: 外側上顆炎 – 注射

2024 年 5 月 3 日

超音波応用の専門家である 30 歳の女性は、些細な怪我の後、4 年間にわたって左上肢に外側肘の痛みを患っていました。 彼女は安静、副木、鎮痛剤、ステロイド注射を受けていますが、あまり症状が改善されません。

身体検査

  • 局所的な赤みや腫れはありません
  • 外側上顆の圧痛
  • コーゼン検査陽性

超音波所見

  • 総伸筋腱の不均一性
  • 外側上顆上の皮質の不規則性
  • 総伸筋腱内の石灰化

総伸筋腱の不均一性と石灰化、および外側上顆上の皮質の不規則性を示す肘の長軸図。

  • カラードプラ検査における血管新生

カラードップラーイメージングでは、上顆への総伸筋腱の挿入点での新血管新生が示されます。

診断

患者は、一般にテニス肘として知られる外側上顆炎と診断された。これは、腱の炎症と顕微鏡的断裂を特徴とする総伸筋腱に関わる腱障害性損傷です。

米国疼痛アプリの治療法、患者転帰、その他のケーススタディについて詳しくお読みください。 知識を高める準備はできていますか? タップ こちら 慢性疼痛治療​​のための頼りになるアプリをダウンロードするには

お知らせ一覧