NYSORA 神経ブロックアプリ - NYSORA

NYSORA ナレッジ ベースを無料で探索してください:

神経ブロックの世界標準: 頭から足先までの60の神経ブロック技術。

今すぐ入手して、局所麻酔の最先端を行きましょう!

学び、教えるために必要なものすべて 神経ブロック

このアプリは、超音波ガイド下神経ブロックおよび筋膜面ブロックに関する包括的な、外出先での知識ベースを求めている麻酔科および疼痛の専門家に最適です。

  • 確立された効果的な神経ブロック技術を簡単に利用できます。
  • 知っておくべきことは次のとおりです: 患者の体位、スキャンと針の挿入技術、局所麻酔薬の選択、量。
  • 逆超音波解剖学のインタラクティブなアニメーションを使用して、記録的な速さで音の解剖学を学びましょう。
標準化された神経ブロック技術
確立された効果的な超音波ガイド下神経ブロック技術は、世界中の臨床医によって利用されています。
段階的なアプローチ
すべての神経ブロック技術は同じ形式に従い、適応症、解剖学、感覚および運動ブロック、ランドマークと患者の位置、技術、局所麻酔薬の選択、臨床上のヒント、およびフローチャートで構成されます。
視覚補助の広範なライブラリ
論理的で非常に教訓的な解剖学のイラスト、アニメーション、ビデオで、広範囲の神経ブロックと筋膜面ブロックをカバーしています。
超音波の解剖学を簡単に理解できる
当社のアプリ独自の逆超音波解剖学のイラストとアニメーションを使用して、瞬時に音波解剖学の秘密を解き明かしましょう。これらのツールは複雑な概念を簡素化し、超音波解剖学を迅速に把握できるようにし、神経ブロック処置の習熟度や自信を高めます。

NYSORA の神経ブロック アプリをダウンロードする理由?

NYSORA Nerve Blocks アプリを今すぐダウンロードして、無料のブロックを試してみてください!

どの神経ブロックがアプリに含まれているか知りたいですか? 以下の詳細なリストをご覧ください。

頸神経叢ブロック
テノン嚢下(強膜上)アイブロック
球後アイブロック
眼球周囲アイブロック

斜角筋間腕神経叢ブロック
鎖骨上腕神経叢ブロック
鎖骨下腕神経叢ブロック
肋鎖腕神経叢
ショルダーブロック

  • 腋窩神経ブロック
  • 肩甲上神経ブロック

腋窩腕神経叢ブロック
肘の上の神経ブロック

  • 肘のレベルでの橈骨神経ブロック
  • 肘の高さでの正中神経ブロック
  • 肘の高さでの尺骨神経ブロック

手首ブロック

  • 手首のレベルでの正中神経ブロック
  • 手首のレベルでの尺骨神経ブロック
  • 手首のレベルでの橈骨神経ブロック

腸骨筋膜ブロック – 鼠径下アプローチ
腸骨筋膜ブロック – 鼠径上アプローチ
股関節(PENG)ブロック
大腿神経ブロック
内転筋ブロック(伏在神経)
外側大腿皮神経ブロック
閉鎖神経ブロック
近位坐骨神経ブロック
膝窩坐骨神経ブロック
膝神経ブロック
IPACKブロック
アンクルブロック

  • 足首のレベルでの脛骨神経ブロック
  • 足首のレベルでの深腓骨神経ブロック
  • 足首のレベルでの浅腓骨神経ブロック
  • 足首のレベルでの腓腹神経ブロック
  • 足首のレベルでの伏在神経ブロック

肋間神経ブロック
胸筋および鋸筋面ブロック

  • PEC I ブロック
  • PEC II ブロック
  • 前鋸筋ブロック

脊椎傍ブロック
腹横面
(タップ)ブロック

  • 肋骨下TAPブロック
  • ラテラルTAPブロック
  • 後部TAPブロック
  • 前方TAPブロック

腰方形筋 (QL) ブロック

  • QL1ブロック(側方)
  • QL2ブロック(後方)
  • QL3 ブロック (経筋または前方)

脊柱起立筋平面 (ESP) ブロック
腹直筋鞘ブロック

アプリからのお知らせ

脊椎傍ブロックのヒント: 横斜法

傍脊椎ブロックは、乳房手術、開胸術、肋骨骨折、胸部および上腹部の手術後の痛みの管理に推奨されます。この技術では、脊椎神経が椎間孔から出る場所の近くにある胸椎に沿って局所麻酔薬を注射します。トランスデューサーを横斜め方向に配置して脊椎傍ブロックを実行するための 3 つの主要なヒントは次のとおりです。トランスデューサーを、肋骨のコースと平行な横斜め方向で、ターゲットレベルの棘突起のすぐ側に配置します。横突起と肋骨を、その下に音響シャドウがある高エコー構造として視覚化します。トランスデューサーを肋間腔にわずかに尾側に移動して、横突起の先端と胸膜の高エコー線を特定します。高エコーの内肋間膜は、胸椎傍腔と隣接する肋間腔をくさび形の低エコー層として制限しながら視覚化できます。針を面内で、外側から内側に、脊椎傍腔に向かって挿入します。目標は、内肋間靱帯の下に局所麻酔薬を注射することです。これにより、胸膜が下方に変位し、局所麻酔薬が適切に広がっていることがわかります。以下のビデオを見て、プロセスをよりよく把握し、NYSORA 神経ブロック アプリがこれらの指示をどのように実現するかを確認してください。これらのヒントや、最も頻繁に使用される 60 個の神経ブロックの完全なガイドについては、ここから神経ブロック アプリをダウンロードしてください。 。ベストセラーの NYSORA 神経ブロック アプリを書籍形式でも入手できるチャンスをお見逃しなく。神経ブロック アプリの完璧な学習パートナーです。

2024 年 3 月 12 日

閉鎖神経ブロックのヒント: 遠位アプローチ

閉鎖神経は、L2 ~ L4 の腰神経の腹側枝から始まります。閉鎖神経ブロックはさまざまな目的に役立ちます。股関節および膝の手術での補助的な鎮痛の提供、経尿道的膀胱手術中の大腿内転反応の防止、痛みを伴うまたは永続的な股関節内転筋の痙縮の緩和などです。遠位アプローチを使用して閉鎖神経ブロックを行うには、次の 3 つの手順に従ってください。 トランスデューサーを鼠径部の折り目に垂直な横方向に配置して、大腿血管を確認します。トランスデューサーを折り目に沿って内側に動かして恥骨筋を確認し、さらに内側に長内転筋、短内転筋、大筋を確認します。閉鎖神経の前枝と後枝が、短内転筋の表面と深部の筋膜面に沿って走っているのが見られます。針を面内または面外に挿入します。長内転筋と短内転筋の間(前枝)、および短内転筋と大内転筋の間(後枝)の筋膜面に局所麻酔薬の 60 つのアリコートを注入します。以下のビデオを見て、プロセスをよりよく把握し、NYSORA 神経ブロック アプリがこれらの指示をどのように実現するかを確認してください。これらのヒントや、最も頻繁に使用される XNUMX 個の神経ブロックの完全なガイドについては、ここから神経ブロック アプリをダウンロードしてください。 。ベストセラーの NYSORA 神経ブロック アプリを書籍形式でも入手できるチャンスをお見逃しなく。神経ブロック アプリの完璧な学習パートナーです。

2024 年 2 月 27 日

ケーススタディ:帯状疱疹後神経痛に対する超音波ガイド下肋間神経ブロック

症例提示 48 歳の男性患者は、左胸部領域に局在する重度の痛みを訴えました。これは、左 T6 デルマトームが関与する最近の帯状疱疹のエピソードに続く帯状疱疹後神経痛と一致しています。患者には他に重大な病歴はありませんでした。痛みは鋭くて焼けつくような痛みで、患者の日常生活に重大な影響を及ぼしたと説明されています。従来の鎮痛薬では軽減効果が限られていたため、対象を絞った疼痛管理のために超音波ガイド下肋間神経ブロックの検討が促されました。神経ブロック技術 高周波線形トランスデューサーを使用して、肋間腔に焦点を当てて左胸部領域をスキャンしました。リアルタイムの超音波イメージングにより、対象となる肋間腔、肋骨、およびその下にある神経血管構造が特定されました。肋間神経ブロック;トランスデューサーの位置と音響解剖学。 IMIM、最も内側の肋間筋。 IIM、内肋間筋。 EIM、外肋間筋。次に、25 ゲージの針を面内に挿入して、外肋間筋と内肋間筋を貫通しました。最適な標的針終点は、針先端が壁側胸膜の表面に留まるようにするため、内肋間筋の直下の位置である。次に、4:0.5 エピネフリンを含む 1% ブピバカイン 300,000 mL を肋間神経周囲の肋間溝に注射しました。患者の痛みと反応の程度に応じて、追加の肋間スペースに対してこの手順が繰り返されました。肋間神経ブロック;面内に針を挿入し、局所麻酔薬を塗布したリバース超音波解剖学 (青)。 IMIM、最も内側の肋間筋。 IIM、内肋間筋。 EIM、外肋間筋。患者の転帰 超音波ガイド下の肋間神経ブロックの後、患者は 30 分以内に大幅な痛みの軽減を経験しました。焼けつくような鋭い痛みは軽い痛みに軽減され、通常の活動を再開できるようになりました。次の数日間、痛みは軽減し続け、患者は睡眠と全体的な機能が改善されたと報告しました。有害事象や合併症は観察されませんでした。このようなケーススタディや完全なガイドについては、[…]

2024 年 2 月 20 日

大腿外側皮神経ブロックのヒント

外側大腿皮神経(LFCN)ブロックは、大腿前外側の手術(植皮など)、筋生検、および知覚異常痛の鎮痛に適応されます。 LFCN は複雑に分岐しているため、ランドマークに基づく正確なブロックは困難ですが、超音波ガイドにより正確な針の配置が保証され、痛みの軽減と結果が向上します。 LFCN ブロックを実行するための 3 つの重要なヒントは次のとおりです。 縫工筋を特定するために、上前腸骨棘 (ASIS) のすぐ遠位の横方向にトランスデューサーを配置します。 LFCN を、縫工筋と大腿筋膜張筋の間の小さな空間に向かって筋肉の表面に移動する高エコー構造として特定します。針を面内または面外から神経の隣の大腿筋膜まで挿入し、3 ~ 5 mL の局所麻酔薬を注入します。以下のビデオを見て、プロセスをよりよく把握し、NYSORA 神経ブロック アプリがこれらの指示をどのように実現するかを確認してください。これらのヒントや、最も頻繁に使用される 60 個の神経ブロックの完全なガイドについては、ここから神経ブロック アプリをダウンロードしてください。 。ベストセラーの NYSORA 神経ブロック アプリを書籍形式でも入手できるチャンスをお見逃しなく。神経ブロック アプリの完璧な学習パートナーです。

2024 年 2 月 13 日

ケーススタディ: 足壊疽を伴う糖尿病患者の疼痛管理のための末梢神経ブロック

症例提示 69 歳、身長 156 cm、体重 90 kg、糖尿病の長年の病歴を有する患者は、足壊疽を患っており、創傷面切除術と切断の可能性が予定されていました。患者の血行力学的状態は安定しており、全身感染の兆候は観察されませんでした。関連する薬剤にはインスリンと低分子量ヘパリンが含まれていたが、これらは手術の48時間前に中止されていた。気道評価の結果、マランパティ クラス 2 (MP 2) が示されました。麻酔計画 患者の血行力学的安定性と全身性感染症の欠如により、全身麻酔を考慮することができました。しかし、術後の痛みの管理は、オピオイドの潜在的な必要性とそれに伴うリスクにより課題を引き起こしました。これらのリスクを軽減するために、代替アプローチとして末梢神経ブロックの利用が検討されました。具体的には、20 mL のロピバカイン 0.5% を使用した膝窩ブロックと、5 mL のロピバカイン 0.5% を使用した伏在神経領域をカバーする大腿三角ブロックが実施され、効果的な疼痛管理が可能となり、気道器具の装着、挿管、人工呼吸器の使用が回避されました。患者の転帰 膝窩ブロックと大腿三角ブロックの組み合わせにより、24 時間以上にわたる完全な疼痛管理が実現しました。神経ブロックを利用することで、長期にわたる鎮痛効果が得られ、全身性オピオイドへの依存が減り、関連するリスクが軽減されます。ここから神経ブロック アプリをダウンロードして、追加のケーススタディを調べ、最も一般的な 60 種類の神経ブロックに関する包括的なガイドにアクセスしてください。ベストセラーの NYSORA 神経ブロック アプリを入手する機会をお見逃しなく。書籍形式でも入手可能になりました。アプリを補完する理想的な学習パートナーです。

2024 年 2 月 7 日

肋間神経ブロックのヒント

肋間神経ブロックは、肋骨骨折の鎮痛、胸部および上腹部の手術(例、開胸手術、胸腔手術、乳房切除術、胃瘻造設術、および胆嚢摘出術)の術後鎮痛、帯状疱疹、または帯状疱疹後神経痛に役立ちます。肋間神経ブロックを実行するために従う 4 つの手順は次のとおりです。 触知できる 3 つの肋骨の方向に対して垂直な矢状斜め方向で、肋骨の角度の側方にトランスデューサーを配置します。続けて、神経血管束がまだ分割されていない肋骨角と後腋窩線の間の肋間腔を横方向にスキャンします。針を面内または面外に挿入して、外肋間筋と内肋間筋を貫通します。最適なターゲット針の終点は、針の先端が壁側胸膜の表面に留まるようにするため、内肋間筋の直下の位置です。各レベルで 5 ~ 60 mL の局所麻酔薬を使用してブロックを完了します。以下のビデオを見て、プロセスをよりよく把握し、NYSORA 神経ブロック アプリがこれらの指示をどのように実現するかを確認してください。これらのヒントや、最も頻繁に使用される XNUMX 個の神経ブロックの完全なガイドについては、ここから神経ブロック アプリをダウンロードしてください。 。ベストセラーの NYSORA 神経ブロック アプリを書籍形式でも入手できるチャンスをお見逃しなく。神経ブロック アプリの完璧な学習パートナーです。

2024 年 1 月 30 日

ケーススタディ: 手根管リリース

症例提示 右手に手根管症候群と確定診断された45歳の女性患者は、待機的手根管解放手術を予定されていました。患者は罹患した手に重大な痛み、しびれ、うずきを経験し、日常生活や生活の質に影響を及ぼしました。包括的な疼痛管理計画の一環として、局所麻酔を提供し、術後の痛みを最小限に抑えるために、超音波ガイド下リストブロックが提案されました。神経ブロック技術 リストブロック技術は、前腕の中央レベルで正中神経と尺骨神経をブロックし、その後、皮膚筋神経、橈骨神経、または尺骨神経の残りの皮枝に対して手首のしわの部分に局所麻酔薬を皮下浸潤します。皮下浸潤。超音波誘導下で、手首と指の浅屈筋と深屈筋の間で正中神経と尺骨神経が特定されました。手首のレベルでの正中神経ブロック。トランスデューサーの位置と音響解剖学。 MN、正中神経。 FPL、長母指屈筋。 FDS、浅指屈筋。 FDP、深趾屈筋。手首のレベルでの尺骨神経ブロック。トランスデューサーの位置と音響解剖学。 UN、尺骨神経。 UA、尺骨動脈。 FCU、尺側手根屈筋。 FDP、深趾屈筋。 FDS、浅指屈筋。次いで、25ゲージの針を面内または面外に挿入し、4mLの2%リドカインを神経を含む筋膜に注射した。麻酔の開始は 25 分以内に観察されました。手首のレベルでの正中神経ブロック。面外で針を挿入し、局所麻酔薬を塗布したリバース超音波解剖学 (青)。 MN、正中神経。 FPL、長母指屈筋。 FDS、浅指屈筋。 FDP、深趾屈筋。手首のレベルでの尺骨神経ブロック。面内に針を挿入し、局所麻酔薬を塗布したリバース超音波解剖学 (青)。 UN、尺骨神経。 UA、尺骨動脈。 FCU、尺側手根屈筋。 […]

2024 年 1 月 23 日

腋窩腕神経叢ブロックのヒント

腋窩腕神経叢ブロックの最も一般的な適応症には、腕止血帯の有無にかかわらず、中程度から長期間の前腕、手首、または手の手術が含まれます。末端枝(正中神経、尺骨神経、橈骨神経、筋皮膚神経)のレベルで腕神経叢を麻酔し、手を含む中腕から下の上肢の麻酔をもたらします。ステップバイステップ: 腋窩腕神経叢ブロックを実行するための 3 つの重要なステップ 大胸筋と上腕二頭筋の挿入部の交点に横方向にトランスデューサーを置きます。トランスデューサを腋窩窩の高い位置に置きすぎないでください。腋窩動脈、結合腱、正中神経、尺骨神経、橈骨神経を含む神経血管鞘、筋肉 (つまり、上腕二頭筋、烏口腕筋、広背筋)、および皮膚筋神経を特定します。腋窩動脈に向かって外側から内側に面内に針を挿入し、局所麻酔薬 20 mL を注入します (腋窩動脈の上に 8 mL、腋窩動脈の下に 8 mL、筋皮膚神経には 4 mL)。ヒント: 筋皮神経が正中神経と一緒に走行する場合、別の注射でこの神経をブロックする必要はありません。以下のビデオを見て、プロセスをよりよく把握し、NYSORA 神経ブロック アプリがこれらの指示をどのように実現するかを確認してください。これらのヒントや、最も頻繁に使用される 60 個の神経ブロックの完全なガイドについては、ここから神経ブロック アプリをダウンロードしてください。 。ベストセラーの NYSORA 神経ブロック アプリを書籍形式でも入手できるチャンスをお見逃しなく。神経ブロック アプリの完璧な学習パートナーです。

2024 年 1 月 16 日

ケーススタディ:人工膝関節全置換術

症例提示 重度の右膝変形性関節症を患う 65 歳の男性患者は、待機的全膝関節形成術を受ける予定でした。この患者は慢性的な膝の痛みと可動性の制限の病歴があり、効果的な痛みの軽減の選択肢を模索することに熱心でした。包括的な疼痛管理計画の一環として、疼痛管理を改善するために標的を絞った鎮痛を提供するために超音波ガイド下大腿神経ブロックが計画されました。神経ブロック技術 患者は仰向けに位置し、下肢を完全に伸ばし、わずかに外側に回転させました。高周波線形トランスデューサーを大腿骨のしわの上に横方向に配置して、大腿神経を特定しました。大腿神経ブロック;トランスデューサーの位置と音響解剖学。 FA、大腿動脈。 FV、大腿静脈。 FN、大腿神経。 22ゲージの針を面内で外側から内側の方向に挿入して、大腿神経の外側の腸骨筋膜を穿刺した。合計 22 mL の 12% ブピバカインを注射して、大腿神経周囲に適切に広がるようにしました。大腿神経ブロック;面内に針を挿入し、局所麻酔薬を塗布したリバース超音波解剖学 (青)。 FA、大腿動脈。 FV、大腿静脈。 FN、大腿神経。患者の転帰 超音波ガイド下の大腿神経ブロックの後、患者は数分以内に大幅な痛みの軽減を経験しました。患者は快適性が向上し、早期の離床と理学療法への参加が可能になったと報告しました。全身性オピオイドの必要性が大幅に減少し、それによって鎮静や吐き気などの関連副作用が最小限に抑えられました。患者は、神経ブロックに関連する即時的または遅発性の合併症を経験しませんでした。このようなケーススタディの詳細と、最も頻繁に使用される 0.5 個の神経ブロックの完全なガイドについては、ここから神経ブロック アプリをダウンロードしてください。ベストセラーの NYSORA 神経ブロック アプリを書籍形式でも入手できるチャンスをお見逃しなく。神経ブロック アプリの完璧な学習パートナーです。

2024 年 1 月 9 日

PEC II ブロックのヒント

PEC II ブロックは、外側胸筋神経と内側胸筋神経、肋間神経の前外側皮枝、肋骨腕間筋を麻酔し、広範な乳房手術、胸壁処置、センチネルリンパ節切除に鎮痛をもたらします。 PEC II ブロックを実行するための 3 つの重要なヒントは次のとおりです。 トランスデューサーを鎖骨の正中線の下に矢状方向に配置します。 PEC I の位置から、トランスデューサーを横方向にスライドさせて、第 4 肋骨と第 5 肋骨および前鋸筋を確認します。大胸筋を通して前方から後方に面内で針を挿入し、10 つの筋膜面に局所麻酔薬を注入します。 – 大胸筋と小胸筋の間 (PEC I) 15 mL。 – 大胸筋と前鋸筋の間 (PEC II) 20 ~ 60 mL。以下のビデオを見て、プロセスをよりよく把握し、NYSORA 神経ブロック アプリがこれらの指示をどのように実現するかを確認してください。これらのヒントや、最も頻繁に使用される XNUMX 個の神経ブロックの完全なガイドについては、ここから神経ブロック アプリをダウンロードしてください。 。ベストセラーの NYSORA 神経ブロック アプリを書籍形式でも入手できるチャンスをお見逃しなく。神経ブロック アプリの完璧な学習パートナーです。

2024 年 1 月 3 日

PEC I ブロックのヒント

PEC I ブロックは、胸筋に栄養を供給する内側および外側胸筋神経を標的とし、乳房、鎖骨、および肩鎖関節が関与する手術の鎮痛を提供するために使用されます。特に、胸部プロテーゼの挿入、植込み型心臓装置の設置、前開胸術など、大胸筋に関係する処置に適しています。 PEC I ブロックを正常に実行するための 3 つの重要な手順を学びます。 トランスデューサーを鎖骨の正中線の下に矢状方向に配置します。大胸筋と小胸筋の筋膜の下にある腋窩動脈、静脈、腕神経叢の要素を識別します。トランスデューサーを尾側にスライドさせて、第 2 肋骨と第 3 肋骨を確認します。針を頭側から尾側に面内に挿入し、大胸筋と小胸筋の間に局所麻酔薬 10 ~ 20 mL を注入します。以下のビデオを見て、プロセスをよりよく把握し、NYSORA 神経ブロック アプリがこれらの指示をどのように実現するかを確認してください。これらのヒントや、最も頻繁に使用される 60 個の神経ブロックの完全なガイドについては、ここから神経ブロック アプリをダウンロードしてください。 。ベストセラーの NYSORA 神経ブロック アプリを書籍形式でも入手できるチャンスをお見逃しなく。神経ブロック アプリの完璧な学習パートナーです。

2023 年 12 月 26 日

ケーススタディ: 二果骨折

症例提示 腎不全の病歴を持つ 70 歳の患者が、両果骨折で当施設を受診しました。患者は創外固定器を取り外し、その後腹臥位で観血的整復と内固定(ORIF)を行う予定でした。重要なのは、患者が全身麻酔を避けたいと表明したことです。麻酔計画 患者の希望と病歴を考慮して、麻酔チームは脊椎麻酔と末梢神経ブロックの組み合わせを選択しました。最初に、10 mg (2 mL) の等重ブピバカイン 0.5% を使用して脊椎麻酔を投与しました。続いて、患者が手術室でうつ伏せになったら、15 mL の 0.5% ロピバカインを使用して膝窩ブロックを実行しました。このアプローチは、術中麻酔と術後の痛みの軽減の両方を提供するために選択されました。外科的処置を容易にするために、止血帯を膝の上に配置した。面外から針を挿入した膝窩ブロックの逆超音波解剖学。局所麻酔薬の広がりは青色で示されます。 TN、脛骨神経。 CPN、総腓骨神経。 PA、膝窩動脈。 PV;膝窩静脈。 SmM、半膜様筋。 BFM、大腿二頭筋。患者の転帰 脊椎麻酔と膝窩ブロックの組み合わせにより、手術期間中適切な麻酔を提供することに成功しました。患者は不快感を最小限に抑え、手術中は血行力学的に安定した状態を維持しました。術後、患者は膝窩ブロックによる効果的な痛みの軽減を経験しました。この症例は、全身麻酔が禁忌であるか好まれない患者において脊椎麻酔と末梢神経ブロックを組み合わせることが有効であることを強調しています。また、患者の好みや特定の健康状態に合わせて麻酔計画を個別化することの重要性も示しています。このようなケーススタディの詳細と、最も頻繁に使用される 60 個の神経ブロックの完全なガイドについては、ここから神経ブロック アプリをダウンロードしてください。ベストセラーの NYSORA 神経ブロック アプリを入手するチャンスをお見逃しなく […]

2023 年 12 月 19 日
FAQセクション

局所麻酔は体の特定の領域を麻痺させ、外科手術中および手術後のその領域の痛みをブロックします。患者を意識を失わせる全身麻酔とは異なり、局所麻酔では、標的領域に痛みを感じることなく、患者は覚醒状態または軽い鎮静状態を維持することができます。これは、脳への痛み信号の伝達を阻害することで実現されます。

局所麻酔には、全身のオピオイド必要量の最小化、術後の痛みと吐き気の軽減、回復率の向上など、いくつかの利点があります。また、全身麻酔に伴う合併症のリスクも軽減されるため、特定の患者集団や外科的介入にとって好ましい選択肢となります。さらに、処置後数時間または数日間は痛みを軽減することができます。

超音波ガイド下神経ブロックは、局所麻酔薬またはその他の治療薬を投与して特定の神経を標的にし、痛みを軽減するために使用される医療処置です。超音波画像処理により神経と周囲の構造がリアルタイムで視覚化され、正確な針の配置と注射が可能になります。

超音波ガイド下神経ブロックには多くの利点があります。標的の神経と周囲の構造を明確に視覚化できるため、精度と精度が強化され、針の配置ミスの可能性が最小限に抑えられます。これにより、処置の有効性が高まるだけでなく、不注意による血管穿刺や神経損傷などの合併症のリスクも軽減されます。さらに、超音波によるリアルタイムの視覚化により、針の配置中に即時に調整が可能になり、薬剤の送達が最適化され、薬剤の効果的な局在化が保証されます。

神経ブロックは、外科手術、外傷管理、および疼痛介入において、体の特定の領域の正確な疼痛制御を提供します。神経ブロックは麻酔を作用部位に直接送達することにより、全身麻酔に伴う全身性の副作用を最小限に抑え、患者の安全性と快適性を向上させます。また、全身麻酔の必要性も軽減され、入院期間の短縮、オピオイド消費量の減少、早期の動員、および回復時間の短縮につながります。さらに、これらの神経ブロックは手術部位に最適な麻酔を提供することで手術状態を改善し、それによって手術の結果と患者の満足度を向上させます。

NYSORA 神経ブロック アプリは、世界中の多様な視聴者に対応するように設計されており、世界中の医療専門家が神経ブロック技術に関する包括的な教育コンテンツにアクセスできるようにしています。最新のアップデートの時点で、アプリは英語、スペイン語、ポルトガル語、中国語、日本語、フランス語、オランダ語、ドイツ語を含む複数の言語で利用できます。この多言語サポートは、さまざまな言語的および文化的背景を超えて局所麻酔および疼痛管理の卓越性を促進するという NYSORA の取り組みを強調しています。

アプリレビュー

NYSORA Nerve Blocks アプリを今すぐダウンロードして、無料のブロックを試してみてください!

S.バヤニ 加入者
「画像、イラスト、アニメーション、ビデオ、および逆解剖学は、超音波を学ぶための優れた簡単な方法です。これは手術室ですぐに臨床応用できるため、手術の直前にブロック技術をすぐに復習できます。」
針は私の幸福 加入者
「たくさんのサイトを使ってきましたが、ベッドサイドで簡単に復習するには、このアプリが最高です。カラフルな写真、「逆解剖学の概念」、そしてあまり多くないテキストにより、ポケットに入れておくのに最適です。」
S・ヴァン・ホーレヴェーゲ 加入者
「このアプリは、コンパクトながら非常に視覚的な方法で、多くの地域ブロックに対する優れた実践的かつ実践的なアプローチを提供します。私はこのアプリが大好きで、自分自身と、RA を教えている人々のために定期的に使用しています。」
M.ボリーニ 加入者
「局所麻酔に最適なアプリです。段階的に整理された情報、優れた図面、画像、ビデオにより、初心者には知識が構築され、専門家にはすぐに復習できます。」
S.バヤニ 加入者
「画像、イラスト、アニメーション、ビデオ、および逆解剖学は、超音波を学ぶための優れた簡単な方法です。これは手術室ですぐに臨床応用できるため、手術の直前にブロック技術をすぐに復習できます。」
針は私の幸福 加入者
「たくさんのサイトを使ってきましたが、ベッドサイドで簡単に復習するには、このアプリが最高です。カラフルな写真、「逆解剖学の概念」、そしてあまり多くないテキストにより、ポケットに入れておくのに最適です。」
S・ヴァン・ホーレヴェーゲ 加入者
「このアプリは、コンパクトながら非常に視覚的な方法で、多くの地域ブロックに対する優れた実践的かつ実践的なアプローチを提供します。私はこのアプリが大好きで、自分自身と、RA を教えている人々のために定期的に使用しています。」
M.ボリーニ 加入者
「局所麻酔に最適なアプリです。段階的に整理された情報、優れた図面、画像、ビデオにより、初心者には知識が構築され、専門家にはすぐに復習できます。」