口腔および顎顔面の局所麻酔-NYSORA| NYSORA

口腔および顎顔面の局所麻酔

Benaifer D. Preziosi、Adam T. Hershkin、Paul J. Seider、およびGregory M. Casey

はじめに

口腔外科および歯科処置は、多くの場合、 外来設定。 局所麻酔は、オフィスベースの手順の前に患者を麻酔する最も一般的な方法です。
歯列の麻酔を達成し、上顎および下顎の硬組織および軟組織を取り囲むために、いくつかの非常に効果的で実用的な技術を使用することができます。 実行する手順の種類と手順の場所によって、使用する麻酔の手法が決まります。 口腔顔面麻酔技術 局所浸潤、フィールドブロック、神経ブロックのXNUMXつの主要なカテゴリに分類できます。
局所浸潤技術は、歯叢の終神経終末を麻酔します(図1).

図1. 三叉神経の解剖学。 三叉神経の感覚根は、三叉神経節から眼部(V1)、上顎部(V2)、および下顎部(V3)を生じさせます。

このテクニックは、個々の歯または特定の孤立した領域に麻酔が必要な場合に適応されます。 手順は、浸潤部位のすぐ近くで実行されます。
フィールドブロックは、治療領域の終神経枝に麻酔をかけます。 次に、注射部位からわずかに遠位の領域で治療を行うことができます。 歯科および顎顔面の開業医は、歯髄および軟組織の麻酔を達成する目的で、歯の頂点に局所麻酔薬を沈着させることがよくあります。 これは一般に「局所浸潤」と呼ばれますが、ターミナル以来。 この技術では終神経枝に麻酔をかけます。このような浸潤は、より正確にはフィールドブロックと呼ばれます。 対照的に、神経ブロックは特定の神経の主枝を麻酔し、神経によって神経支配されている領域で治療を行うことを可能にします。
このセクションでは、口腔顔面神経の基本的な解剖学的構造を確認し、この領域でのさまざまな外科的処置のために神経ブロックと浸潤麻酔を実行するための実際的なアプローチについて詳しく説明します。

三叉神経の解剖学

一般的な考慮事項

歯と口腔の軟組織と硬組織の麻酔は、三叉神経(第XNUMX脳神経)の枝をブロックすることで達成できます。 実際、上顎および下顎の局所、野外、および局所麻酔は、終神経枝または三叉神経の主神経幹の近くに麻酔液を沈着させることによって達成されます。
すべての脳神経の中で最大のもの、 三叉神経 橋と延髄内の運動核に由来する小さな運動根と、橋の前面にその起源を見いだすより大きな感覚根を生じさせる(参照)。 図1)。 神経は、後頭蓋窩から中頭蓋窩内の側頭骨の錐体部まで前方に移動します。 ここで、感覚根は、側頭骨の錐体部の前面にあるメッケル憩室内に位置する三叉神経節(半月状またはガッセリア神経節)を形成します。 神経節は対になっており、1つは顔の両側を神経支配しています。 三叉神経の感覚根は、三叉神経節からの眼部(V2)、上顎部(V3)、および下顎部(VXNUMX)を生じさせます(を参照)。 図1).
運動根は、感覚根と一緒に、しかしそれとは別に、脳幹から移動します。 次に、三叉神経節の下を横方向および下方向に通過した後、卵円孔を通って中頭蓋窩を離れます。 運動根は、感覚根のXNUMX番目の部分である下顎神経とともに中頭蓋窩から出ます。 次に、頭蓋骨を出た後、下顎神経と結合して単一の神経幹を形成します。 運動線維は、咀嚼筋(咬筋、側頭筋、内側翼突筋、外側翼突筋)と、顎二腹筋の前腹筋、口蓋帆張筋、鼓膜張筋に供給します。

眼科

1つの区分のうち最小のものである眼科(VXNUMX)は純粋に感覚的であり、中頭蓋窩の海綿静脈洞の側壁を前方に移動して上眼窩裂の内側部分に到達します。 上眼窩裂を通って眼窩に入る前に、眼神経は、前頭、鼻毛様体、および涙腺のXNUMXつの枝に分かれます。
前頭神経は眼部の最大の枝であり、眼窩内を前方に移動し、滑車上神経および眼窩上神経として終結します。 滑車上神経は眼窩上神経の内側にあり、上まぶたの内側部分の皮膚と結膜、および正中線に近い下額の皮膚に供給します。 眼窩上神経は、上眼瞼の中央部分の皮膚と結膜、額の皮膚、頭頂骨とラムダ縫合までの頭皮に供給します。
鼻毛様体神経枝は、眼窩の屋根の内側に沿って移動し、さまざまな枝を放ちます。 鼻腔と鼻頂部および鼻翼の皮膚は、前篩骨動脈と外鼻神経によって神経支配されています。 内鼻神経は、鼻中隔の前部の粘膜と鼻腔の側壁を神経支配します。 滑車下枝は、涙嚢、涙丘、および鼻の側面の隣接部分の皮膚を神経支配します。 後篩骨神経は、篩骨洞と蝶形骨洞に供給します。 短毛様体神経と長毛様体神経が眼球を神経支配します。
涙腺神経は、上眼瞼の外側部分の皮膚と結膜に供給され、眼科の最小の枝です。

詳細については、こちらをご覧 眼科手術のための局所および局所麻酔。

上顎部

三叉神経の上顎部(V2)も純粋に感覚部です。 中頭蓋窩の三叉神経節から発生し、上顎神経は海綿静脈洞の側壁に沿って前方に移動します。 三叉神経節から生じた直後、上顎神経は頭蓋内の唯一の枝である中硬膜神経を放出します。 次に、蝶形骨の大翼にある正円孔を通って頭蓋を離れます。 正円孔を出た後、神経は翼口蓋窩として知られている眼窩の後ろと下にある空間に入ります。 窩内のいくつかの枝を放った後、神経は下眼窩裂を通って眼窩に入り、その時点で眼窩下神経になります。 眼窩下溝の眼窩底に沿って走りながら、神経は眼窩下管に入り、眼窩下孔を通って顔に現れます。
上顎神経は、頭蓋内の上顎部の唯一の枝です。 中頭蓋窩の硬膜に感覚神経支配を提供します。 翼口蓋窩内では、翼口蓋神経、頬骨神経、および後上歯槽神経を含むいくつかの枝が放出されます。 翼口蓋神経は、翼口蓋神経節内で合流し、いくつかの枝を生じさせるXNUMXつの短い神経です。 それらは、頬骨神経を涙腺を神経支配する涙腺神経に沿って通過する神経節後副交感神経線維、ならびに眼窩、鼻、口蓋、および咽頭への感覚線維を含む。 眼窩への感覚線維は、眼窩骨膜を神経支配します。

鼻枝は、鼻中隔の後面、上鼻甲介と中鼻甲介の粘膜、および後篩骨洞を神経支配します。 前鼻中隔、鼻底、および犬歯から犬歯までの前上顎骨は、鼻口蓋神経として知られる枝によって神経支配されています。 鼻口蓋神経は、鼻腔の屋根から床に向かって下向きおよび前向きに進み、切歯管に入ります。 次に、切歯孔を通って口腔に入り、前上顎骨の口蓋粘膜に供給します。

硬口蓋と軟口蓋は、口蓋の枝によって神経支配されています:より大きな(前部)およびより小さな(中部および後部)口蓋神経。 翼口蓋窩を通って下降した後、大口蓋神経は大口蓋孔を出て硬口蓋に達します。 神経は、硬口蓋と軟口蓋の口蓋粘膜と骨に感覚神経支配を提供します。 小口蓋神経は、小口蓋孔から出て、軟口蓋および扁桃腺領域を神経支配します。
咽頭枝は、翼口蓋神経節を後面から離れて、鼻咽頭を神経支配します。
頬骨神経は、翼口蓋窩から眼窩まで前方を通過した後、XNUMXつの枝を生じます。 神経は下眼窩裂を通過し、頬骨顔面神経と頬骨側頭神経に分かれて、それぞれ頬骨隆起の皮膚と額の側面の皮膚に供給されます。 頬骨神経はまた、涙腺神経を介して眼神経と連絡し、涙腺に線維を送ります。

上顎神経が軌道に入る前に、後上歯槽(PSA)神経が翼口蓋窩内で分岐します。 PSAは上顎の後面に沿って下向きに移動し、歯根膜と歯髄組織、および隣接する歯肉と歯槽骨の突起を含む上顎臼歯を供給します。 PSAはまた、上顎洞の粘膜を神経支配します。 PSAが第一大臼歯の近心頬側根を常に神経支配するとは限らないことに注意することは臨床的に重要です。 いくつかの解剖研究が行われ、第一大臼歯の神経支配を親の幹にさかのぼって追跡しました。 これらの研究は、第一大臼歯の神経支配パターンの変化を示しており、これは、この歯の麻酔が望まれる場合に臨床的に重要です。

LoetscherとWaltonによる研究では、29人の上顎骨を解剖して、第一大臼歯の神経支配パターンを観察しました。 この研究では、第一大臼歯の後、中、前上歯槽神経による神経支配パターンを評価しました。

後上歯槽神経と前上歯槽神経は、標本の100%(29/29)に存在することがわかりました。 上顎神経中上歯槽(MSA)神経は、72%の確率で存在することがわかりました(21/29検体)。 神経は、18本の標本で第一大臼歯から親枝まで追跡されました。 PSA神経は、標本の72%(13/18)で神経支配を提供することがわかりました。 MSA神経は28%(5/18)の標本で神経支配を提供しましたが、前上歯槽神経はどの標本でも第一大臼歯に神経支配を提供しませんでした。 MSA神経がない場合、PSA神経は小臼歯領域に神経支配を提供する可能性があります。 マクダニエルによる研究では、上顎の歯の神経支配パターンを実証するために、50個の上顎が脱灰および解剖されました。 PSA神経は、MSA神経が存在しない場合、解剖の26%で小臼歯領域を神経支配することがわかりました。 テーブル1 眼科、上顎、および下顎の部門の枝を一覧表示します。

表1 XNUMXつの主要な部門のブランチ。

眼科
上顎部
下顎部
1.正面
•滑車上動脈
•眼窩上
1.中硬膜1.メイントランク
•神経性スピノサス
•翼状骨への神経
2.鼻毛様体神経
•前篩骨
•外部鼻
•内鼻
•滑車下神経
•後篩骨
•短毛様体神経と長毛様体神経
2.翼口蓋神経
•軌道への感覚線維
•鼻の枝
•鼻口蓋神経
•大口蓋神経
•小口蓋神経
•迷走神経咽頭枝
2.前部
•咬筋
•深側頭
•外側翼突筋
•頬神経
3.涙腺3.頬骨
•頬骨顔面神経
•頬骨側頭神経
3.後部分割
•耳介側頭神経
•リンガル
•下歯槽神経
•顎舌骨筋神経
4.後上歯槽神経
5.眼窩下
•上顎神経中上歯
•前上歯槽神経
•眼窩下神経窩
•横鼻
•上唇

眼窩下管内では、上顎部は眼窩下神経として知られており、中部および前上歯槽神経を放出します。 存在する場合、MSA神経は上顎洞の側壁に沿って下降し、第19小臼歯と第3小臼歯を神経支配します。 それは、歯根膜、歯髄組織、小臼歯領域の歯肉および歯槽突起、ならびに場合によっては第一大臼歯の近心頬側根に感覚を提供します。 ヒースマンによる研究では、XNUMX人の死体の頭部の解剖が行われ、MSAがXNUMXつの標本に存在することがわかりました。 LoetscherとWaltonXNUMXは、MSA神経が歯叢に結合する近心または遠位の位置(以下に説明する後、中、前上歯槽神経の吻合)が第一大臼歯の神経支配への寄与を決定することを発見しました。 MSAが第一大臼歯の近心神経叢に結合した標本は、PSAによる第一大臼歯とMSAによる小臼歯の神経支配を持っていることがわかりました。

MSAが第一大臼歯の遠位の神経叢に結合した標本は、MSAによる第一大臼歯の神経支配を示しました。 その不在下では、小臼歯領域はPSAと前上歯槽神経から神経支配を引き出します。 前上歯槽神経は、上顎洞の前壁内で下降します。 前上歯槽神経の小さな末端枝はMSAと通信して、鼻の側壁と床の小さな領域に供給します。 また、歯根膜、歯髄組織、歯肉、および中央および側切歯と犬歯の歯槽突起に感覚神経支配を提供します。 MSAがない場合、前上歯槽神経は小臼歯に神経支配を提供することが示されています。 マクダニエルによる前述の研究では、前上歯槽神経は、MSA神経が見つからなかった標本の36%で小臼歯領域に神経支配を提供することが示されました。
XNUMXつの上歯槽神経が吻合して、歯叢と呼ばれるネットワークを形成します。このネットワークは、より大きな神経幹から出ている末端の枝で構成されています。 これらの末端枝は、歯間神経、歯間神経、および歯間神経として知られています。 歯の神経は、上顎の個々の歯の各根を、根尖孔を通って根に入り、歯髄に感覚を供給することによって神経支配します。 歯間および歯根間枝は、歯根膜、歯間乳頭、および隣接する歯の頬側歯肉に感覚を与えます。
眼窩下神経は、眼窩下孔を通って顔に現れた後、XNUMXつの末端枝に分かれます。 下眼瞼神経、外鼻神経、および上唇神経は、それぞれ、下眼瞼の皮膚、鼻の側面、および上唇の皮膚および粘膜に感覚神経支配を供給する。

下顎部

三叉神経の最大の枝である下顎枝(V3)は、感覚と運動の両方です(図2)。 感覚根は三叉神経節から生じますが、運動根は橋と延髄の運動核から生じます。 感覚根は、三叉神経節から外れた直後に卵円孔を通過します。 運動根は神経節の下を通過し、卵円孔を通過して頭蓋のすぐ外側の感覚根と結合し、下顎神経の主幹を形成します。 その後、神経は前部と後部に分かれます。 下顎神経は、その主幹からだけでなく、前部と後部から枝を放ちます。

図2. 下顎神経の解剖学。

主幹は、脊髄神経(髄膜枝)として知られるXNUMXつの枝と、内側翼突筋への神経を放出します。 主幹から分岐した後、棘孔神経は、棘孔を通って中硬膜動脈とともに頭蓋に再び入ります。 スピノサス神経は、乳突蜂巣と同様に中頭蓋窩の髄膜に供給します。 内側翼突筋への神経は、内側(内側)翼突筋に供給する小さな運動枝です。 鼓膜張筋と口蓋帆張筋に供給するXNUMXつの枝を放ちます。 XNUMXつの運動枝とXNUMXつの感覚枝は、下顎神経の前部によって放出されます。 咬筋神経、深側頭神経、および外側翼突筋は、それぞれ、咬筋、側頭筋、および外側翼突筋に供給されます。 頬筋(頬筋または長い頬筋)神経として知られる感覚部は、側頭筋の下面から咬筋の前縁まで、外側翼突筋のXNUMXつの頭の間を前方に走っています。 ここでは、頬筋に入る前外側を通過します。 しかし、それはこの筋肉を神経支配しません。 頬筋は、顔面神経の頬枝によって神経支配されています。 頬神経は、頬の皮膚、頬粘膜、および下顎臼歯領域の頬歯肉に感覚神経支配を提供します。 下顎枝の後部は、XNUMXつの感覚枝(耳介側頭神経と舌神経)と、感覚線維と運動線維の両方で構成されるXNUMXつの枝(下歯槽神経)を放出します。

耳介側頭神経は、顎関節の後ろで上昇し、耳介、外耳道、鼓膜、側頭領域、顎関節、および耳下腺に神経節後副交感神経分泌運動を介していくつかの感覚枝を放出し、耳下腺の上部を横断します耳下腺からの繊維。
舌神経は、下顎骨の内側翼突筋の内側側面と内側翼突筋の外側側面との間の翼突筋下顎腔を下向きに移動します。 次に、上咽頭収縮筋の下縁の下を前内側に移動し、下咽頭収縮筋の深部まで移動します。 次に、舌神経は、舌骨舌筋に沿って顎下領域で前方に続き、顎下管を下および内側に横断して、舌下腺の深部まで終結します。 舌神経は、舌の前部XNUMX分のXNUMX、口底の粘膜、および舌歯肉に感覚神経支配を提供します。

下顎神経の下歯槽枝は、下顎靭帯の外側面と下顎枝の内側面の間の領域で下降します。 それは舌神経と一緒に移動しますが、舌神経の外側と後方に移動します。 舌神経が下顎腔内で下降し続ける間、下歯槽神経は下顎孔を通って下顎管に入ります。 下顎管に入る直前に、下歯槽神経は顎舌骨筋神経として知られる運動枝を放出します(以下で説明します)。 神経は下顎管内の下歯槽動脈と静脈に付随し、オトガイ孔で精神神経枝と切歯神経枝に分かれます。 下歯槽神経は、下顎後歯に感覚を与えます。

切歯神経は下歯槽神経の枝であり、下顎管内に続き、下顎前歯に感覚神経支配を提供します。
オトガイ神経はオトガイ孔から出て、小臼歯/犬歯領域の粘膜、および顎の皮膚と下唇に感覚神経支配を提供します。
顎舌骨筋神経は、下顎管に入る前に下歯槽神経から分岐します。 それは顎舌骨筋内を移動し、下顎骨の体の内側に沿って移動し、顎舌骨筋と顎二腹筋の前腹に供給します。

地域の上顎および下顎麻酔のための機器

上顎および下顎の局所麻酔の管理は、歯科用注射器、針、および麻酔カートリッジを使用して行われます。 いくつかのタイプの歯科用注射器が使用可能です。 ただし、最も一般的なのは、後装式の金属製のカートリッジタイプの吸引シリンジです。 注射器は、サムリング、フィンガーグリップ、銛付きピストンを含むバレル、およびニードルアダプター(図3)。 ニードルアダプターにはニードルが取り付けられており、デンタルカートリッジのゴム製ダイアフラムに係合します(図4)。 麻酔薬カートリッジは、注射器のバレルに側面から配置されます(後装式)。 バレルには、麻酔薬カートリッジの端にあるゴム製のストッパーにかみ合う銛付きのピストンが含まれています(図5)。 針とカートリッジを取り付けた後、サムリングの後ろに活発なタップを与えて、銛が麻酔薬カートリッジの端にあるゴム製のストッパーに確実にかみ合うようにします(図6).

詳細については、こちらをご覧 局所麻酔用機器.

図3. 後装式、金属製、カートリッジ式、吸引シリンジ。

 

図4. 針と注射器の組み立て。 ニードルアダプターにはニードルが取り付けられています。

 

図5. A: 針と注射器の組み立て。 麻酔薬カートリッジは、注射器のバレルに側面から配置されます(後装式)。 B: ハープーン付きのピストンが麻酔薬カートリッジの端にあるゴム製ストッパーにかみ合い、ニードルアダプターが歯科用カートリッジのゴム製ダイアフラムにかみ合います。

図6. A 及び B: 針と注射器の組み立て。 サムリングの後ろに活発なタップを付けて、ハープーンが麻酔薬カートリッジの端にあるゴム製のストッパーに確実にかみ合うようにします。 C:完全に装填された麻酔注射器。

歯科用針は、針の内腔の直径に対応するゲージの観点から参照されます。 ゲージを大きくすると、ルーメンの直径が小さくなります。 25ゲージと27ゲージの針は、上顎および下顎の局所麻酔に最も一般的に使用されており、長いものと短いものがあります。 針の長さは、針の先端からハブまでの長さです。 従来の長い針の長さは約40mmですが、短い針の長さは約25mmです。 メーカーによって、針の長さにはばらつきがあります。

麻酔薬カートリッジは、一端にゴム栓があり、他端にダイヤフラムが付いたアルミニウムキャップが付いた1.8mLガラスシリンダーが事前に充填されています(図7)。 麻酔薬カートリッジの内容物は、局所麻酔薬、血管収縮薬(血管収縮薬なしの麻酔薬も利用可能)、血管収縮薬の防腐剤(亜硫酸水素ナトリウム)、塩化ナトリウム、および蒸留水です。 臨床診療で使用される最も一般的な麻酔薬は、アミド麻酔薬であるリドカインとメピバカインです。 使用可能な他のアミド麻酔薬は、プリロカイン、アーティカイン、ブピバカイン、およびエチドカインです。 Esther麻酔薬は一般的に使用されていませんが、引き続き使用できます。 プロカイン、プロカインとプロポキシカイン、クロロプロカイン、およびテトラカインは、いくつかの一般的なエスター麻酔薬です(テーブル2)。 追加の装備には、乾式ガーゼ、局所消毒剤、および麻酔薬が含まれます。 注射部位はガーゼで乾かし、局所消毒剤を使用してその領域をきれいにする必要があります。 粘膜に針を挿入する際の不快感を最小限に抑えるために、注射部位に局所麻酔薬が塗布されます(図8)。 一般的な局所製剤には、ベンゾカイン、硫酸ブタカイン、塩酸コカイン、塩酸ジクロニン、リドカイン、および塩酸テトラカインが含まれます。

図7. A: 歯科用カートリッジ。 ゴム製のストッパーはカートリッジの右端にあり、ダイヤフラム付きのアルミニウム製のキャップはカートリッジの左端にあります。 B: 歯科麻酔薬の容器。

臨床医は常に普遍的な予防措置を遵守する必要があります。 これらには、保護手袋、マスク、および目の保護具の使用が含まれます。 ブロックが完了したときに針を抜いた後は、オペレーターが誤って針刺しを負傷しないように、針を常に慎重に再キャップする必要があります。

注射部位を視覚化するための軟組織の収縮は、歯科用ミラーまたは収縮器具を使用して実行する必要があります。 これは、以下で説明するすべての上顎および下顎の局所テクニックに推奨されます。 指ではなく器具を使用すると、オペレーターが誤って針刺しを負傷するのを防ぐことができます。

図8. 局所麻酔。 注射の前に、患者の不快感を最小限に抑えるために、注射部位の粘膜に局所麻酔薬を塗布することができます。

地域の上顎麻酔の技術

上顎麻酔で最も一般的に使用される技術には、上腕骨(局所)浸潤、歯周靭帯(靭帯内)注射、PSA神経ブロック、MSA神経ブロック、前上歯槽神経ブロック、大口蓋神経ブロック、鼻口蓋神経ブロック、口蓋の局所浸潤が含まれます、および歯槽内注射(テーブル3)。 臨床応用が少ないのは、上顎神経ブロックと中隔内注射です。

表3 局所領域またはXNUMX本またはXNUMX本の歯を治療するための麻酔技術。

テクニック
麻酔された領域
Supraperiosteal注射個々の歯と頬の軟組織
歯根膜注射個々の歯と頬の軟組織
中隔内注射限局性軟部組織
歯髄内注射個々の歯

Supraperiosteal(ローカル)浸潤

上顎歯列の麻酔を達成するための最も単純で最も一般的に使用される技術の25つは、上顎の浸潤です。 この技術は、局所領域の個々の歯または軟組織を治療する場合に適応されます。 この技術の制約は、互いに隣接する複数の歯を麻酔する必要性(この場合、神経ブロックが好ましい技術です)、麻酔される領域の急性炎症および感染、そしてそれほど重要ではないが、上にある骨の密度です。歯の頂点。 この手法には、27ゲージまたはXNUMXゲージの短い針が適しています。

手順
麻酔をかける歯を特定し、粘膜頬側の高さを歯の上に折ります。 これが注射部位になります。 右利きのオペレーターは9時から10時の位置に立ち、左利きのオペレーターは2時から3時の位置に立つ必要があります。 唇を引っ込め、斜角を骨に向けて注射器を向けます。 これにより、針が骨に接触することによる不快感を防ぎ、針先で骨膜を引き裂くリスクを最小限に抑えます。 歯の上の粘膜頬側のひだの高さで数ミリメートル以下の深さまで針を挿入し、吸引します(図9)。 誤嚥が陰性の場合は、麻酔薬のカートリッジの0.6分の1.2から30分の2(4〜XNUMX mL)をXNUMX秒間かけてゆっくりと注入します。 注射器を引き抜き、針に再度キャップを付けます。 投与が成功すると、XNUMX〜XNUMX分以内に歯と関連する軟組織に麻酔がかかります。 十分な麻酔が得られない場合は、手順を繰り返し、麻酔液のカートリッジのXNUMX分のXNUMXからXNUMX分のXNUMXを追加します。

図9. A: 麻酔をかける歯の上の粘膜頬側のひだの高さを見つけます。 B: 上顎左中切歯の局所浸潤を描いた臨床像。 上顎左中切歯の上の粘膜頬側襞の高さでの針の貫通に注意してください。

歯根膜(靭帯内)注射

歯根膜または靭帯内注射は、上腕骨上注射または神経ブロックの有用な補助剤です。 多くの場合、治療する領域の深部麻酔を達成するためにこれらの技術を補足するために使用されます。 靭帯内注射技術の使用の適応症は、個々の歯を麻酔する必要性、歯のすぐ近くでの軟組織麻酔の必要性、およびフィールドブロックまたは神経ブロック後の部分的麻酔である。 この手法には、25ゲージまたは27ゲージの短い針が適しています。

手順
麻酔する軟組織の歯または領域を特定します。 歯肉と歯の間の溝は、歯根膜注射の注射部位です。 患者を仰臥位にします。 右利きの方は、左手に引っ込め器具を持って唇を引っ込め、歯と歯肉がはっきり見えるところに立ってください。 引き込み器具が右手に保持されていることを除いて、同じことが左利きのオペレーターにも当てはまります。 注射器を近心または遠心面で歯の長軸と平行に保持します。 歯肉溝の深さまで針(根に面する斜角)を挿入します(図10)。 抵抗が満たされるまで針を進めます。 次に、少量の麻酔薬(0.2 mL)を20〜30秒かけてゆっくりと投与します。 麻酔薬の流れに対する抵抗を経験するのは正常です。 この技術の成功した実行は、治療される個々の歯に歯髄および軟組織の麻酔を提供します。

 

図10. 歯根膜注射を描いた臨床像。 歯肉溝と歯の間の針の位置に注意してください。針は歯の長軸に平行です。

後上歯槽神経ブロック

結核ブロックまたは頬骨ブロックとしても知られるPSA神経ブロックは、場合によっては近心頬側歯根を除いて、上顎大臼歯から第一大臼歯までの麻酔を達成するために使用されます。 この技術の考えられる合併症は、静脈の翼突筋静脈叢への麻酔薬の注射または顎動脈の偶発的な穿刺による血腫形成のリスクです。 PSAブロックが与えられると、注射前の吸引が示されます。 この技術の適応症は、複数の大臼歯を麻酔する必要があることです。 麻酔は、supraperiosteal技術よりも少ない針の貫通で達成でき、患者により大きな快適さを提供します。 PSAブロックは、急性炎症および感染症が存在する場合に上顎臼歯の麻酔を提供するために与えることができます。

supraperiosteal技術を介して不十分な麻酔が達成された場合、PSAブロックを使用して、より長期間のより深い麻酔を達成することができます。 PSAブロックは、MSAがない患者の特定の割合で小臼歯領域に麻酔を提供します。 手順の禁忌は、血腫形成のリスクに関連しています。 凝固障害のある人では、翼突筋静脈叢への注射や上顎動脈の穿刺を避けるように注意する必要があります。 この手法には、25ゲージまたは27ゲージの短い針が適しています。

手順
第二大臼歯の粘膜頬側襞の高さを特定します。 これが注射部位です。 右利きのオペレーターは9時から10時の位置に立ち、左利きのオペレーターは2時から3時の位置に立つ必要があります。 引き込み器具で唇を引き込みます。 斜角を骨に向けて注射器を持ちます。 上顎第二大臼歯の上の粘膜頬側襞の高さに、上、内側、および後方に向けて45度の角度で針を挿入します(XNUMX回の連続動作)。 針を全長のXNUMX分のXNUMXの深さまで進めます(図11)。 針を軟組織に通している間、抵抗を感じてはいけません。 骨と接触すると、内側の角形成が大きすぎます。 針を(針を外さずに)ゆっくりと引っ込め、シリンジバレルを咬合平面に向けます。 これにより、針を上顎の後面に対してわずかに横方向に角度を付けることができます。 針を進め、吸引し、麻酔液の1つのカートリッジをXNUMX分間かけてゆっくりと注入し、投与中に頻繁に吸引します。

図11. A: 後上歯槽(PSA)神経の位置。 B: PSA神経ブロック中の針の位置。 針は、上顎第二大臼歯の上の粘膜頬側襞の高さに、上顎、内側、および後方に向けて45度の角度で挿入されます。

翼突筋静脈叢への偶発的な注射を避けるために、注射する前に、XNUMXつの平面で吸引する必要があります。 最初の吸引後、針をXNUMX/XNUMX回転させます。 その後、オペレーターは再吸引する必要があります。 積極的な吸引が発生した場合は、ゆっくりと針を引っ込め、XNUMXつの平面で再度吸引します。 注射技術が成功すると、上顎大臼歯(場合によっては第一大臼歯の近心頬側歯根を除く)および頬側の関連する軟組織の麻酔が行われます。

上顎神経中上歯槽神経ブロック

MSA神経ブロックは、上顎小臼歯または第一大臼歯の近心頬側歯根に麻酔が必要な処置に役立ちます。 常に存在するとは限りませんが、後上歯槽神経ブロックまたは前上歯槽神経ブロックまたは上歯槽浸潤が適切な麻酔を達成できない場合に役立ちます。

MSA神経が存在しない個人の場合、PSAと前上歯槽神経は、上顎小臼歯と第一大臼歯の近心頬側歯根に神経支配を提供します。 手順の禁忌には、注射領域での急性炎症と感染、または局所浸潤で十分な25本の歯を含む手順が含まれます。 この手法には、27ゲージまたはXNUMXゲージの短い針が適しています。

手順

上顎第二小臼歯の上の粘膜頬側襞の高さを特定します。 これが注射部位です。 右利きのオペレーターは9時から10時の位置に立ち、左利きのオペレーターは2時から3時の位置に立つ必要があります。 引き込み器具で唇を引き込み、先端が第二小臼歯の頂点より上になるまで針を挿入します(図12)。 吸引し、麻酔液の1つのカートリッジにXNUMX分のXNUMXをXNUMX分間かけてゆっくりと注入します。 この技術の実行に成功すると、歯髄、周囲の軟組織、第XNUMX小臼歯と第XNUMX小臼歯の骨、および第XNUMX大臼歯の近心頬側歯根に麻酔がかかります。

図12. A: 上顎中上歯槽神経の位置。 B: 針は上顎第二小臼歯の上の粘膜頬側襞の高さに挿入されます。

前上歯槽(眼窩下)神経ブロック

前上歯槽神経ブロック、または眼窩下神経ブロックは、上顎中切歯および側切歯、ならびに頬側の周囲の軟組織の麻酔を達成するための有用な技術です。 MSA神経を持たない患者では、前上歯槽神経も小臼歯と第一大臼歯の近心頬側歯根を神経支配する可能性があります。 この技術の使用の適応症には、複数の歯を含む手順と、supraperiosteal技術からの不十分な麻酔が含まれます。 この手法には、25ゲージの長い針が推奨されます。

手順
患者を仰臥位にします。 上顎第一小臼歯の上の粘膜頬側襞の高さを特定します。 これが注射部位です。 右利きのオペレーターは10時の位置に立つ必要があり、左利きのオペレーターは2時の位置に立つ必要があります。 下眼窩縁の眼窩下ノッチを特定します(図13a)。 眼窩下孔はノッチのすぐ下にあり、通常は第二小臼歯と一致しています。 孔に指圧をかけると、患者はわずかな不快感を感じます。 眼窩下孔の位置をマークすることは有用ですが、必須ではありません。 孔の位置に注意しながら、引き込み器具で唇を引き込みます。 針の斜角を骨に向け、最初の小臼歯の上の粘膜頬側のひだの高さに針を挿入します(図13b).

図13. A: 眼窩下神経の位置。 B: 針は上顎第一小臼歯の長軸と平行に保たれ、第一小臼歯の上の粘膜頬側襞の高さに挿入されます。

注射器は眼窩下孔に向かって角度を付け、上顎骨に時期尚早に当たらないように、最初の小臼歯の長軸と平行に保つ必要があります。 針は、孔の屋根の上の骨と接触するまで軟組織に進められます。 これは針の長さの約半分です。 ただし、長さは個人によって異なります。 吸引後、麻酔薬カートリッジの約0.9分の1.2から1分のXNUMX(XNUMX〜XNUMX mL)がXNUMX分間かけてゆっくりと沈着します。 麻酔液の孔への拡散を促進するために、注射部位に圧力をかけることをお勧めします。 この技術の実行に成功すると、下まぶた、鼻の側面、および上唇の麻酔が行われます。 上顎中切歯、犬歯、頬側軟組織、および骨の歯髄麻酔も行われます。 一定の割合の人々では、小臼歯と第一大臼歯の近心頬側歯根も麻酔されています。

大口蓋神経ブロック

大口蓋神経ブロックは、上顎小臼歯および大臼歯歯列の口蓋側面で治療が必要な場合に役立ちます。 この技術は、大口蓋管のすぐ前の領域を対象としています。 大口蓋神経は管を出て、骨と口蓋の軟組織の間を前方に移動します。

この技術の禁忌は、注射部位での急性炎症と感染症です。 この手法には、25ゲージまたは27ゲージの長い針が推奨されます。

手順

患者は、麻酔をかける領域が見えるように、あごを上に傾けて仰臥位にする必要があります。 右利きのオペレーターは8時の位置に立つ必要があり、左利きのオペレーターは4時の位置に立つ必要があります。 綿棒を使用して、大口蓋孔を第1大臼歯と第XNUMX大臼歯の接合部の内側約XNUMX cmの口蓋組織に配置して、大口蓋孔の位置を特定します(図14)。 これは孔の通常の位置ですが、この位置の少し前または後ろにある場合があります。 孔によって生じたくぼみが感じられるまで、綿棒を組織にそっと押し込みます。

図14. A: 大口蓋神経の位置。 B: 大口蓋神経ブロックの挿入領域は、上顎の第1大臼歯と第XNUMX大臼歯の接合部の内側XNUMXcmです。

マラメッドとトリーガーは、親知らずが約50%の確率で第39大臼歯の前半分の内側に、約9%の確率で第1大臼歯の後半に内側に、そして第2大臼歯の後半に内側に見られることを発見しました。臼歯は約1%の確率で。 孔の約2〜0.45 mm前方の領域が、標的注射部位です。 綿棒を使用して、組織が白くなるまで孔の領域に圧力をかけます。 注射器を注射部位に対して垂直に向けます。注射部位は、孔のXNUMX〜XNUMXmm前方にあります。 孔に圧力をかけたまま、骨と接触するまで針を組織内に進めながら、少量の麻酔液を注入します。 組織は注射部位の周囲で白くなります。 侵入の深さは通常、数ミリメートル以下です。 骨と接触したら、麻酔薬溶液の約XNUMX分のXNUMX(XNUMX mL)を吸引して注入します。 麻酔薬の沈着に対する抵抗は、通常、オペレーターが感じます。 この技術は、口蓋粘膜および硬口蓋に、最初の小臼歯から硬口蓋の後面、および正中線の内側に麻酔をかけます。

鼻口蓋神経ブロック

鼻口蓋神経ブロックは、切歯神経ブロックまたは蝶口蓋神経ブロックとしても知られ、鼻口蓋神経を両側から麻酔します。 この技術では、麻酔液は切歯孔の領域に沈着します。 この技術は、治療が複数の前歯の舌側の麻酔を必要とする場合に適応されます。 この手法には、25ゲージまたは27ゲージの短い針が適しています。

手順

患者は、麻酔をかける領域が見えるように、あごを上に傾けて仰臥位にする必要があります。 右利きのオペレーターは9時の位置にある必要があり、左利きのオペレーターは3時の位置にある必要があります。 切歯乳頭を特定します。 切歯乳頭のすぐ外側の領域が注射部位です。 綿棒で、切歯乳頭に圧力をかけます。 斜角を組織に当てて、乳頭のすぐ横に針を挿入します(図15)。 少量の麻酔薬を沈着させ、乳頭に圧力をかけたまま、針を切歯孔に向かってゆっくりと進めます。 骨と接触したら、針を約1 mm引き込み、吸引し、麻酔薬のカートリッジの0.45分の30(XNUMX mL)をXNUMX秒間注入します。 周囲の組織の白化と麻酔薬の沈着に対する抵抗は正常です。 麻酔は、片側の犬歯の遠位から反対側の犬歯の遠位まで、前歯の舌側の軟組織と硬組織に提供されます。

図15. A: 鼻口蓋神経の位置。 B: 針の挿入は、鼻口蓋神経ブロックの切歯乳頭のすぐ横にあります。

局所口蓋浸潤

臨床診療では、25本または27本の歯の口蓋麻酔のための局所麻酔薬の投与が一般的です。 ブロックが望ましくない場合、局所浸潤は、治療される個々の歯の効果的な口蓋麻酔を提供します。 禁忌には、麻酔をかける領域での急性炎症と感染症が含まれます。 この手法には、XNUMXゲージまたはXNUMXゲージの短い針が適しています。

手順

患者は、麻酔をかける領域が見えるように、あごを上に傾けて仰臥位にする必要があります。 麻酔をかける領域を特定します。 右利きのオペレーターは10時の位置にある必要があり、左利きのオペレーターは2時の位置にある必要があります。 針の貫通領域は、クラウンの中心に対して口蓋から5〜10mmです。 綿棒で注射部位のすぐ後ろに圧力をかけます。 斜角を軟組織に向けて角度を付けて、注射部位に対して45度の角度で針を挿入します(図16)。 注射部位の後ろの圧力を維持しながら、針を進め、軟組織が貫通するにつれて麻酔薬溶液をゆっくりと沈着させます。 骨と接触するまで針を進めます。 侵入の深さは通常、数ミリメートル以下です。 組織はこの領域の下にある骨膜に非常にしっかりと付着しており、局所麻酔薬の沈着に対する抵抗を引き起こします。 適切な口蓋麻酔を提供するために必要な麻酔薬は、0.2〜0.4mL以下です。 注射部位での組織のブランチングは、局所麻酔薬の沈着の直後に続きます。 この技術を使用した麻酔薬の投与が成功すると、注射部位の口蓋組織の止血と麻酔が行われます。

図16. 上顎右第一小臼歯の口蓋側面への局所浸潤。 針は、クラウンの中心に約5〜10mm口蓋に挿入されます。

歯髄内注射

歯髄内注射は、治療される個々の歯の歯髄管内の神経の麻酔を伴います。 上記のいずれの方法でも疼痛管理ができない場合は、歯髄腔が開いた状態で歯髄内法を使用することができます。 この技術は時には唯一の効果的な疼痛管理方法であるため、この技術の使用に禁忌はありません。 この手法には、25ゲージまたは27ゲージの短い針が適しています。

手順

患者は、麻酔をかける領域が見えるように、あごを上に傾けて仰臥位にする必要があります。 麻酔する歯を特定します。 右利きのオペレーターは10時の位置にある必要があり、左利きのオペレーターは2時の位置にある必要があります。 経験豊富な歯科専門家が歯髄腔を開いたと仮定して、針を歯髄腔に入れ、麻酔薬を0.2滴垂らします。 針を歯髄管に進め、さらにXNUMXmLの局所麻酔薬を沈着させます。 特に後歯でチャンバーにアクセスするために、針を曲げる必要があるかもしれません。 患者は通常、溶液が運河に入るときに短時間の重大な痛みを経験し、その後すぐに痛みが和らぎます。

上顎神経ブロック

臨床診療ではあまり使用されませんが、上顎神経ブロック(第XNUMX分割ブロック)は半上顎の麻酔を提供します。 この技術は、複数の歯と周囲の頬側および口蓋側の軟組織をXNUMXつの象限で麻酔する必要がある場合、または急性の炎症と感染により前述の方法による麻酔の投与を成功させることができない場合に役立ちます。 上顎神経ブロックを達成するために使用できるXNUMXつの技術があります:高結節性アプローチと大口蓋管アプローチです。 高結核アプローチは血腫形成のリスクを伴うため、凝固障害のある患者には禁忌です。 上顎動脈は、高結節性アプローチで最も重要な血管です。

急性の炎症と感染が注射部位に存在する場合、両方の技術は禁忌です。

高結核アプローチ

この手法には、25ゲージの長い針が推奨されます。 患者は、麻酔をかける領域が見えるように、あごを上に傾けて仰臥位にする必要があります。 麻酔をかける領域を特定します。 右利きのオペレーターは10時の位置にある必要があり、左利きのオペレーターは2時の位置にある必要があります。 この技術は、上顎神経が翼口蓋窩を通過するときに上顎神経を麻酔します。 上顎第二大臼歯のすぐ遠位にある粘膜頬側襞の高さを特定します。 これが注射部位です。 針は、PSA神経ブロックのように、後方、上方、および内側に向けられた45度の角度で組織に入る必要があります(図11b)。 斜角は骨に向ける必要があります。 針は、ハブから約30mmまたは数mmの深さまで前進します。

この深さで、針は翼口蓋窩内にあります。 次に、オペレーターは吸引し、針を1/XNUMX回転させてから、再度吸引する必要があります。 XNUMXつの平面での負の吸引が確立された後、XNUMX分間にわたって麻酔薬溶液のXNUMXつのカートリッジをゆっくりと注入します。 その後、針はゆっくりと引き抜かれ、再びキャップされます。

高結節性アプローチを使用した麻酔薬の投与の成功は、ブロックの同側の半上顎全体に麻酔を提供します。 これには、上顎歯への歯髄麻酔が含まれます。 正中線まで内側にある頬側および口蓋側の軟組織。 上唇の皮膚、鼻の側面、下まぶた。

大口蓋管アプローチ

この手法には、25ゲージの長い針が推奨されます。 患者を仰臥位にします。 右利きのオペレーターは10時の位置にある必要があり、左利きのオペレーターは2時の位置にある必要があります。 大口蓋神経ブロックの手法で説明されているように、大口蓋孔を特定します。 大口蓋孔の真上にある組織が注射の標的です。 この技術は、大口蓋管を経由して翼口蓋窩を通過するときに上顎神経を麻酔します。 綿棒で大口蓋孔の上の領域に圧力をかけます。

前述の手法を使用して大口蓋神経ブロックを管理します(を参照) 図14b)。 適切な口蓋麻酔が達成されたら、針の先端で大口蓋孔を静かに調べます。 この技術では、注射器は針が後方に向けられるように保持する必要があります。 孔の位置を特定するために、針の角度を変更する必要がある場合があります。
マラメドとトライガーが実施したケーススタディでは、運河の大部分は45〜50度の角度でした。 孔が見つかったら、針を30mmの深さまで進めます。 抵抗に達した場合は、針を数ミリメートル引き抜いて、別の角度で再び入ります。 マラメドとトリーガーは、運河の約5〜15%で骨の閉塞が針の通過を妨げていることを発見しました。 抵抗が早期に満たされ、オペレーターが針を数ミリメートル以上運河に進めることができない場合は、手順を中止し、高結節性アプローチを検討する必要があります。 抵抗がなく、運河の貫通が成功した場合は、上記のようにXNUMXつの平面で吸引し、局所麻酔薬のカートリッジをXNUMXつゆっくりと入れます。 高結節性アプローチと同様に、注射が麻酔されたときの同側の半上顎は、この技術の実行に成功します。

中隔内注射

中隔内技術は、前述の技術(上歯槽神経、PSA、MSA、および前上歯槽神経)の有用な補助です。 臨床診療ではあまり使用されませんが、この技術は注射の領域で止血の追加の利点を提供します。 個々の歯の周囲の硬組織と軟組織の終神経終末は、この技術で麻酔されます。 手順の禁忌には、注射部位の急性炎症と感染が含まれます。 この手法には、27ゲージの短い針が適しています。

手順

患者を仰臥位にします。 ターゲット領域は、乳頭状三角形の頂点の2〜3mmの歯間乳頭です(図17)。 右利きのオペレーターは10時の位置にある必要があり、左利きのオペレーターは2時の位置にある必要があります。 オペレーターは、最適な視界を得るために患者に頭を向けるように頼むことがあります。 注射器は、斜角が歯根の頂点に面するように、歯の長軸に対して45度の角度で保持されます。 針は軟組織に挿入され、骨と接触するまで進められます。 この時点で数滴の麻酔薬を投与する必要があります。 次に、針を歯間中隔に進め、0.2mLの麻酔液を入れます。 麻酔薬の流れに対する抵抗が予想され、麻酔薬が投与された直後に注射部位を取り巻く軟組織の虚血が起こります。
テーブル4 四分円または複数の歯の治療のための上顎および下顎の麻酔技術をリストします。

表4 象限または複数の歯の治療のための麻酔の技術。

テクニック
麻酔された領域
上顎
後上歯槽神経ブロック上顎大臼歯(場合によっては上顎第一大臼歯の近心頬側歯根を除く)、頬側の硬組織と軟組織
上顎神経ブロック上顎第一大臼歯(場合によっては)、小臼歯、および頬側の周囲の硬組織と軟組織の近心頬側歯根
前上歯槽(眼窩下)神経ブロック上顎中切歯および犬歯、頬側の硬組織および軟組織を取り囲む、上顎第一大臼歯の近心頬側根(場合によっては)
大口蓋神経ブロック口蓋粘膜および硬口蓋は、最初の小臼歯の前方から硬口蓋の後面、および内側の正中線まで
鼻口蓋神経ブロック片側の犬歯の遠位から反対側の犬歯の遠位までの上顎前歯の舌側の硬組織と軟組織
上顎神経ブロック注射側の半上顎(歯;硬いおよび柔らかい、頬側、および舌側の組織)
下顎
下歯槽神経ブロック注射側の下顎歯、頬側および舌側の硬組織および軟組織、下唇
頬神経ブロック臼歯部の頬側軟組織
Gow-Gates下顎神経ブロック下顎の歯から正中線まで。 頬側および舌側の硬組織および軟組織。 舌の前部XNUMX分のXNUMX; 口の床; 頬骨上の皮膚、頬の後面、および注射側の側頭葉
Vazirani-Akinosi口を閉じた下顎の歯から正中線、頬側の硬組織と軟組織、舌の前部XNUMX分のXNUMX、口底
オトガイ神経ブロックオトガイ孔、下唇、あごの前の口腔軟部組織
切歯神経ブロック小臼歯、犬歯、切歯、下唇、あごの上の皮膚、オトガイ孔の前の頬側軟組織

図17. 中隔内技術。 乳頭状三角形の頂点に対して3mmの先端の針の位置に注意してください。

下顎の局所麻酔の技術

下顎の硬組織および軟組織の麻酔のために臨床診療で使用される技術には、上顎骨技術、歯周靭帯注射、歯髄内麻酔、中隔内注射、下歯槽神経ブロック、長い頬神経ブロック、Gow-Gates技術、Vazirani-Akinosiが含まれます。口を閉じた下顎ブロック、精神神経ブロック、および切開神経ブロック。

上顎麻酔について説明したのと同じ方法で、上顎骨、歯根膜、歯髄内、および中隔内の技術を実行します。 下顎を麻酔するとき、患者は半仰臥位またはリクライニング位置にある必要があります。 右利きのオペレーターは9時から10時の位置に立ち、左利きのオペレーターは3時から4時の位置に立つ必要があります。

下歯槽神経ブロック

下歯槽神経ブロックは、下顎局所麻酔で最も一般的に使用される技術の25つです。 XNUMXつの象限の複数の歯に治療が必要な場合に非常に便利です。 この手法は効果的ですが、プロトコルの厳密な順守が維持されている場合でも高い失敗率をもたらします。 この技術のターゲットは、下顎孔に入る前に下顎の内側に沿って移動する下顎神経です。 舌神経、精神神経、切歯神経にも麻酔がかけられます。 この手法には、XNUMXゲージの長い針が推奨されます。

手順

患者は半仰臥位になっている必要があります。 右利きのオペレーターは8時の位置にある必要があり、左利きのオペレーターは4時の位置にある必要があります。
患者の口を最大限に開いた状態で、コロノイドノッチと下顎骨の筋突起を特定します。 これら6つのランドマーク間の前後距離の10分の1で、咬合平面から約2〜1mm上が注射部位です。 引き込み器具を使用して頬を引き込み、反対側の小臼歯領域から注射部位に針を持っていきます。 針が軟組織を通過するときに、麻酔液をXNUMX〜XNUMX滴垂らします。 骨と接触するまで針を進めます。 次に、針をXNUMX mm引き抜き、注射器のバレルを咬合平面に向けて後方に向け直します(フィギュア18a 及び 18b)。 針をその深さの1分のXNUMXまで進め、吸引し、麻酔液のカートリッジのXNUMX分のXNUMXをXNUMX分間かけてゆっくりと注入します。 針を抜いたら、残りのXNUMX分のXNUMXの麻酔液を入れ続けて、舌神経を麻酔します(図18c)。 この技術の実行に成功すると、正中線に対して同側の顎歯、関連する頬側および舌側の軟組織、同側の舌の側面、および同側の下唇の麻酔が行われます。

図18. A:下歯槽神経の位置。 B: 骨と接触した後、注射器のバレルを咬合平面に向けることにより、針が後方に向け直されます。 次に、針はその深さのXNUMX分のXNUMXまで進められます。 C: 下歯槽神経ブロックの投与中に麻酔される舌神経の位置。

頬神経ブロック

頬神経ブロックは、長い頬神経ブロックまたは頬筋ブロックとしても知られ、下歯槽神経ブロックの補助として、下歯槽大臼歯領域の頬軟組織の操作が必要な場合に役立ちます。 この技術のターゲットは、頬神経がラムスの前面を通過するときです。 手順の禁忌には、注射部位の急性炎症と感染が含まれます。 この手法には、25ゲージの長い針が推奨されます。

手順
患者は半仰臥位になっている必要があります。 右利きのオペレーターは8時の位置にある必要があり、左利きのオペレーターは4時の位置にある必要があります。 治療する側の最も遠位の臼歯を特定します。 最後の大臼歯のすぐ遠位および頬側の組織が注射の標的領域です(図19)。 引き込み器具を使用して頬を引っ込めます。 針の斜角は骨の方を向いている必要があり、注射器は注射側の咬合平面と平行に保持されている必要があります。 針を軟組織に挿入し、麻酔液を数滴投与します。 骨と接触するまで、針を約1〜2mm進めます。 骨と接触し、吸引が陰性になると、0.2mLの局所麻酔薬溶液が沈着します。 針が引き抜かれ、再びキャップされます。 この技術の実行に成功すると、下顎臼歯領域の頬側軟組織が麻酔されます。

図19. A: 頬神経の位置。 B: 最後の大臼歯のすぐ遠位および頬側の組織が注射の標的領域です。

Gow-Gatesテクニック

Gow-Gates技術、または第25分割神経ブロックは、下歯槽神経ブロックの有用な代替手段であり、下歯槽神経ブロックが適切な麻酔を提供できない場合によく使用されます。 下歯槽技術と比較したこの技術の利点は、失敗率が低く、積極的な吸引の発生率が低いことです。 Gow-Gates技術は、耳介側頭神経、下歯槽神経、頬側神経、オトガイ神経、切歯神経、顎舌骨筋神経、および舌神経を麻酔します。 禁忌には、注射部位およびトリスマティック患者の急性炎症および感染が含まれます。 この手法には、XNUMXゲージの長い針が推奨されます。

手順

患者は半仰臥位になっている必要があります。 右利きのオペレーターは8時の位置にある必要があり、左利きのオペレーターは4時の位置にある必要があります。 このテクニックのターゲット領域は、外側翼突筋の挿入領域の下にある顆頭の首です。 頬を引っ込めるために引き込み器具が使用されます。 患者は最大限に開くように求められ、希望する麻酔側の上顎第二大臼歯の近心舌側咬頭が特定されます。 針の挿入部位は、近心舌尖のレベルで上顎第二大臼歯のすぐ遠位にある必要があります。 珠間切痕から注射と同じ側の口角に引かれた想像線と平行な平面の挿入部位に針を持っていきます(図20)。 この手法では、針の斜角の向きは重要ではありません。 骨と接触するまで、針を軟組織を通して約25mm進めます。 これは顆頭の首です。 骨と接触したら、針を1mm引き抜いて吸引します。 針を上に向け直し、再度吸引します。 1つの平面での誤嚥が負の場合は、XNUMX分間にわたって局所麻酔薬のカートリッジをXNUMXつゆっくりと注入します。 この技術の実行に成功すると、正中線までの同側下顎歯と、関連する頬側および舌側の硬組織と軟組織に麻酔がかけられます。 舌の前部XNUMX分のXNUMX; 口の底; また、頬骨の皮膚、頬の後面、注射の同側の側頭葉にも麻酔をかけます。

図20. A: 患者は最大限に口を開けるように求められます。 上顎第二大臼歯の近心舌尖は、注射の高さの基準点です。 B: 次に、針を遠位に動かし、珠間切痕から口角に引かれた想像上の線と平行に保持します。

Vazirani-Akinosi閉口下顎ブロック

Vazirani-Akinosiの口を閉じた下顎ブロックは、開口障害または顎関節の強直のために開口部が制限されている患者にとって有用な技術です。 下顎の開口部が限られているため、下歯槽神経ブロックの投与やGow-Gates技術の使用は不可能であり、どちらも患者が最大限に開く必要があります。 この技術の他の利点は、下歯槽神経、動脈、静脈、および翼状突起の筋肉への外傷のリスクが最小限であることです。 合併症の発生率が低い。 注射時の不快感を最小限に抑えます。 この技術の禁忌は、下顎下腔の急性炎症と感染、上顎結節領域の変形または腫瘍、およびラムスの内側の側面を視覚化できないことです。 この手法には、25ゲージの長い針が推奨されます。

手順

患者は半仰臥位になっている必要があります。 右利きのオペレーターは8時の位置にある必要があり、左利きのオペレーターは4時の位置にある必要があります。 上顎の第1大臼歯と第XNUMX大臼歯の上の歯肉縁と親知らずは、このテクニックの目印として機能します。 頬を横方向に伸ばすために引き込み器具が使用されます。 患者は後歯をやさしく閉塞する必要があります。 針は、上顎の第XNUMX大臼歯と第XNUMX大臼歯の歯肉縁のレベルで咬合平面と平行に保持されます。 斜角は、正中線に面する骨から離れる方向に向けられます。 針は粘膜と頬筋を通って前進し、翼状下顎腔に入ります。 針はその長さの約XNUMX分のXNUMXからXNUMX分のXNUMXまで挿入されます。 この時点で、針は下顎骨腔の中央部にあります。 吸引; 陰性の場合、局所麻酔薬のXNUMXつのカートリッジがXNUMX分間にわたって沈着します。 局所麻酔薬の拡散と重力により、下歯槽神経に加えて、舌神経と長い頬神経が麻酔されます。 この技術の実行に成功すると、正中線までの同側下顎歯と、関連する頬側および舌側の硬組織および軟組織の麻酔が提供されます。 舌の前部XNUMX分のXNUMXと口底も麻酔されています。

オトガイ神経ブロック

オトガイ神経ブロックは、オトガイ孔の前の頬側軟組織の操作が必要な手順に適応されます。 この技術の禁忌は、注射部位の急性炎症と感染症です。 この手法には、25ゲージまたは27ゲージの短い針が適しています。

手順

患者は半仰臥位になっている必要があります。 右利きのオペレーターは8時の位置にある必要があり、左利きのオペレーターは4時の位置にある必要があります。 対象領域は、オトガイ孔上の粘膜頬側襞の高さです(フィギュア21a 及び 21b)。 小臼歯の頂端の領域で下顎の体に穏やかな指の圧力を加えることによって、孔を手動で触診することができます。 患者は、孔を触診するとわずかな不快感を感じるでしょう。 収縮器具を使用して、軟組織を収縮させます。 針は、斜角が骨に面した状態でオトガイ孔に向けられます。 軟組織を5mmの深さまで浸透させ、吸引し、約0.6mLの麻酔液を注入します。 この技術をうまく実行すると、注射側の孔、下唇、顎の前の頬側軟組織が麻酔されます。

図21. A: 精神神経と切歯神経の位置。 B: 精神神経と切歯神経の遮断。 針は、オトガイ神経ブロックと切歯神経ブロックの両方のオトガイ孔の粘膜頬側襞の高さに挿入されます。

切歯神経ブロック

切歯神経ブロックは、臨床診療ではそれほど頻繁には使用されません。 ただし、治療が下顎前歯に限定されており、完全な象限麻酔が必要ない場合に非常に役立ちます。 この手法は、オトガイ神経ブロックとほぼ同じですが、25つの追加ステップがあります。 この技術を使用して、精神神経と切歯神経の両方に麻酔をかけます。 この技術の禁忌は、注射部位での急性炎症と感染症です。 この手法には、27ゲージまたはXNUMXゲージの短い針が適しています。

手順

患者は半仰臥位になっている必要があります。 右利きのオペレーターは8時の位置にある必要があり、左利きのオペレーターは4時の位置にある必要があります。 ターゲット領域は、オトガイ孔上の粘膜頬側襞の高さです(参照 図21b)。 前述のようにオトガイ孔を特定します。 上記のように患者にオトガイ神経ブロックを与え、麻酔薬の投与中に注射部位に指圧をかけます。 麻酔薬が孔に拡散するのを助けるために、注射が完了してから2〜3分後に注射部位に指圧をかけ続けます。 この技術の実装に成功すると、小臼歯、犬歯、切歯、下唇、顎の皮膚、オトガイ孔の前の頬側軟組織に麻酔がかかります。

参考文献

  • マラメドSF:局所麻酔ハンドブック、第4版。 メリーランドハイツ、ミシガン州:モスビー、1997年
  • Snell RS:医学生のための臨床解剖学、第5版。 ニューヨーク:リトル、ブラウン、1995年
  • Loetscher CA、Walton RE:上顎第一大臼歯の神経支配のパターン:解剖研究。 Oral Surg Oral Med Oral Pathol 1988; 65:86–90
  • McDaniel WM:上顎の歯の神経分布の変化。 J Dent Res 1956; 35:916–921
  • Heasman PA:上肺胞神経の臨床解剖学。 Br J Oral Maxillofacial Surg 1884; 22:439–447
  • マラメドSF、Trieger N:口腔内上顎神経ブロック:解剖学的および臨床的研究。 麻酔プログラム1983;30:44–48
  • Poore TE、Carney F:上顎神経ブロック:有用な技術。 J Oral Surg 1973; 31:749–755
  • Gow-Gates GAE:下顎伝達麻酔:口腔外の目印を使用した新しい技術。 Oral Surg 1973; 36:321–328
  • Akinosi JO:下顎神経ブロックへの新しいアプローチ。 Br J Oral Maxillofacial Surg 1977; 15:83–87
  • Vazirani SJ:口を閉じた下顎神経ブロック:新しい技術。 デントダイジェスト1960;66:10–13