超音波ガイド下坐骨神経ブロック-NYSORA| NYSORA

超音波ガイド下坐骨神経ブロック

アーサー・アチャバヒアン、キャサリン・ヴァンデピッテ、アナ・M・ロペス、ジュイ・アン・リン

FACTS

  • 適応症:足と足首の手術、膝下切断、後部コンパートメントを含む膝手術後の鎮痛(図1)
  • トランスデューサーの位置:
    • 前方アプローチ:近位内側大腿部の横方向
    • 経臀部アプローチ:坐骨結節と大転子の間の臀部後部の横方向
    • 臀部下アプローチ:殿溝を横切る
    • 他のアプローチ(例えば、傍仙骨、側方)が説明されていますが、ここでは詳しく説明しません。
  • 目標:坐骨神経鞘内に広がる局所麻酔薬
  • 局所麻酔薬:10〜20 mL

図1 臀部および臀部レベルでの坐骨神経遮断後の感覚および運動の分布。

パートI:前のアプローチ

一般的な考慮事項

坐骨神経ブロックへの前方アプローチは、痛み、外傷、位置決めを妨げる創外固定装置の存在、またはその他の問題のために側方位置に配置できない患者に役立つ可能性があります。 超音波(米国)ガイド下アプローチは、大腿動脈穿刺のリスクを ランドマークベースのアプローチ。
実際のスキャンと針の挿入は、前面ではなく近位大腿部の前内側面で実行され、大腿部のわずかな外転と外旋が必要になる場合があります。 このブロックは、大きな針がいくつかの筋肉を横断する必要があるため(処置中の不快感と血腫のリスク)、カテーテルの挿入が厄介であり(大腿内側)、坐骨神経に対してほぼ垂直な角度でカテーテルを挿入するため、カテーテルの挿入には適していません。神経が難しい。

超音波解剖学

坐骨神経は、おおよそ小転子のレベルで画像化されます。 この場所で、大腿部の前内側側面に配置された湾曲したトランスデューサーは、大腿部のXNUMXつの筋膜コンパートメントすべての筋肉組織を明らかにします:前部、内側、および後部(図2 及び 3)。 縫工筋の下には大腿動脈があり、この血管の深部と内側には大腿深動脈があります。 両方ともで識別できます カラードップラーUS オリエンテーションのため。 大腿骨は、中間広筋の下に対応する影がある高エコーの縁として見られます。

図2 坐骨神経(ScN)の断面解剖学。 示されているのは、大腿動脈(FA)、長内転筋(ALM)、大内転筋(AMM)、短内転筋(ABM)、および大腿骨です。 坐骨神経は後部に見られます
AMM。

図3 坐骨神経の超音波解剖学。 表層から深層まで、横方向に視覚化:大腿動脈(FA)、大腿骨、大内転筋(AMM)、および坐骨神経(ScN)を横方向に。 坐骨神経は通常、6〜8cmの深さにあります。 (Hadzic A:Hadzic's Peripheral Nerve Blocks and Anatomy for Ultrasound-Guided Regional Anesthesia、2nded。NewYork:McGraw-Hill、2011の許可を得て複製。)

大腿骨の内側は、ハムストリング筋の前にある大内転筋です。 坐骨神経は、これら6つの筋肉の間に挟まれた高エコーの楕円形の構造として視覚化されます。 神経は通常、8〜XNUMX cmの深さで視覚化されます(を参照)。 図3).

坐骨神経分布のより包括的なレビューについては、を参照してください。 機能的局所麻酔の解剖学

麻酔の分布

坐骨神経ブロックは、膝の後面、ハムストリング筋、および膝下の下肢全体の麻酔をもたらします。ただし、内側の脚と足の皮膚(伏在神経によって供給される)を除きます。 ((図1)。 大腿部の後面の皮膚は、大腿骨後部皮膚神経によって供給されます。後部大腿骨皮膚神経は、前方アプローチのレベルに近い坐骨神経から逸脱しているため、ブロックされません。 外科的切開が大腿後部を伴わない限り、その分布における麻酔の欠如は、例えば、大腿止血帯によって引き起こされる痛みが皮膚への圧力よりも筋肉虚血に起因するため、臨床的影響はほとんどありません。

EQUIPMENT

前方アプローチを使用した坐骨神経ブロックに推奨される機器は次のとおりです。

  • 湾曲した(フェーズドアレイ)トランスデューサー(2〜8 MHz)、滅菌スリーブ、およびゲルを備えた超音波装置
  • 標準的な神経ブロックトレイ
  • 局所麻酔薬を含む20mLシリンジXNUMX本
  • 100または120mm、21ゲージ、短い斜角、絶縁された刺激針
  • 末梢神経刺激装置
  • 滅菌手袋
  • 射出圧力モニター

詳細については、こちらをご覧 末梢神経ブロックのための機器

ランドマークと患者のポジショニング

坐骨神経ブロックへの前方アプローチは、患者を仰臥位にして行います。 トランスデューサーと針の配置を容易にするために股関節が外転します(図4 及び 5)。 可能であれば、露出を容易にするために腰と膝をいくらか曲げる必要があります。 もしも 神経刺激 同時に使用する場合(これをお勧めします)、運動反応を観察するにはふくらはぎと足を露出させる必要があります。 どちらの場合も、股間から膝までの距離を把握するために、太もも全体を露出させると便利です。

 

図4 前方アプローチを使用して坐骨神経を視覚化するトランスデューサーの位置。 (Hadzic A:Hadzic's Peripheral Nerve Blocks and Anatomy for Ultrasound-Guided Regional Anesthesia、2nded。NewYork:McGraw-Hill、2011の許可を得て複製。)

 

図5 前方アプローチを使用して坐骨神経(ScN)に到達するための面外技術を使用してシミュレートされた針の経路。 (Hadzic A:Hadzic's Peripheral Nerve Blocks and Anatomy for Ultrasound-Guided Regional Anesthesia、2nded。NewYork:McGraw-Hill、2011の許可を得て複製。)

ゴール

目標は、針先を坐骨神経のすぐ隣、大内転筋と大腿二頭筋の間に配置することです。

TECHNIQUE

患者を適切な位置に置いた状態で、皮膚を消毒し、坐骨神経を識別するためにトランスデューサーを配置します。 神経がすぐに明らかにならない場合は、 スライドと傾斜 トランスデューサーを近位または遠位に配置すると、コントラストが改善され、神経が筋肉組織から「バックグラウンドから外れる」ようになります。 患者が足首を背屈および/または足底屈させることができる場合、この操作により、神経が筋肉間平面内で移動し、識別が容易になることがよくあります。 針は大腿部の内側から面内に挿入されるか、面外に挿入され、坐骨神経に向かって前進します(「 図5).

面内アプローチは、針の角度が急で、湾曲した(非線形)プローブを使用しているため、実用性が低い場合があります。 もしも 神経刺激 使用される場合(1.0 mA、0.1ミリ秒)、針先と坐骨神経の接触は通常、ふくらはぎまたは足の運動反応に関連しています。 針先が適切な位置になったら、1〜2 mLの局所麻酔薬を注射して、注射液の適切な分布を確認します。 このような注射は、筋肉のトンネル内の坐骨神経の輪郭を描くのに役立ち、坐骨神経を針から遠ざける必要があります。 局所麻酔薬または神経変位の不適切な広がりには、針先の位置の調整が必要になる場合があります。

成人患者では、通常、ブロックを成功させるには10〜15mLの局所麻酔薬で十分です(図6)。 このような量の局所麻酔薬をXNUMX回注射するだけで十分ですが、坐骨神経の周囲に局所麻酔薬が確実に広がるように、異なる場所にXNUMX〜XNUMX個の小さなアリコートを注射することが有益な場合があります。

図6 坐骨神経(ScN)を麻酔するために、適切な局所麻酔薬分布(青い影付きの領域)を使用した面外技術を使用したシミュレートされた針経路(1)。 (Hadzic A:Hadzic's Peripheral Nerve Blocks and Anatomy for Ultrasound-Guided Regional Anesthesia、2nded。NewYork:McGraw-Hill、2011の許可を得て複製。)

ブロックダイナミクスと周術期管理は、 神経刺激技術セクション。

NYSORAのヒント

•ハイドロダイセクションを使用した面外方式での針の挿入は、面内アプローチと比較して、このブロックを達成するためのより実用的な方法であることがよくあります。

続きを読む 超音波ガイド下膝窩坐骨ブロック.

推奨読書

  • Bruhn J、van Geffen GJ、Gielen MJ、Scheffer GJ:超音波検査による成人ボランティアの坐骨神経の経路の視覚化。 Acta Anaesthesiol Scand 2008; 52:1298–1302。
  • Chan VW、Nova H、Abbas S、McCartney CJ、Perlas A、Xu DQ:坐骨神経の超音波検査と局在化:ボランティア研究。 Anesthesiology 2006; 104:309–314。
  • Chantzi C、Saranteas T、Zogogiannis J、Alevizou N、Dimitriou V:肥満患者の大腿前部の坐骨神経の超音波検査。 Acta Anaesthesiol Scand 2007; 51:132。
  • Danelli G、Ghisi D、Ortu A:超音波および局所麻酔技術:坐骨神経ブロックには本当に超音波ガイダンスの技術的限界がありますか? Reg Anesth Pain Med 2008; 33:281–282。
  • Dolan J:大腿近位部の超音波ガイド下前坐骨神経ブロック:針の視界を改善し、筋膜面を尊重する面内アプローチ。 Br J Anaesth 2013; 110:319–320。
  • Domingo-Triado V、Selfa S、Martinez F、et al:外側大腿骨中部坐骨神経ブロックの超音波ガイダンス:前向き、比較、無作為化試験。 Anesth Analg 2007; 104:1270–1274。
  • Fredrickson MJ、Kilfoyle DH:選択的整形外科手術のための1000個の超音波ガイド下末梢神経ブロックの神経学的合併症分析:前向き研究。 麻酔2009;64:836–844。
  • Gnaho A、Eyrieux S、Gentili M:神経刺激と組み合わせた超音波ガイド下坐骨神経ブロック中の心停止。 Reg Anesth Pain Med 2009; 34:278。
  • 灰色AT、コリンズAB、Schafhalter-Zoppoth I:子供の坐骨神経ブロック:超音波検査によるアプローチ。 Anesth Analg 2003; 97:1300–1302。
  • ハミルトンPD、ピアスCJ、ピニーSJ、カルダーJD:坐骨神経ブロック:北米と英国の整形外科の足と足首の専門家の調査。 Foot Ankle Int 2009; 30:1196–1201。
  • Latzke D、Marhofer P、Zeitlinger M、et al:坐骨神経ブロックの最小局所麻酔薬量:ボランティアにおけるED99の評価。 Br J Anaesth 2010; 104:239–244。
  • Oberndorfer U、Marhofer P、Bosenberg A、et al:小児の坐骨神経ブロックおよび大腿神経ブロックの超音波検査ガイダンス。 Br J Anaesth 2007; 98:797–801。
  • 太田J、さくらS、原K、斉藤Y:坐骨神経ブロックへの超音波ガイド下前方アプローチ:後方アプローチとの比較。 Anesth Analg 2009; 108:660–665。
  • Panhuizen IF、Snoeck MM van de Blokkade N:エコーゲレイド前庭部の前庭を介したIschiadicus[坐骨神経ブロックへの超音波ガイド下前方アプローチ]。 Ned Tijdschr Geneeskd 2011; 155:A2372。
  • Pham Dang C、Gourand D:外側中大腿骨アプローチにおける坐骨神経の超音波画像。 Reg Anesth Pain Med 2009; 34:281–282。
  • Saranteas T:麻酔における超音波画像技術の限界:肥満と筋萎縮? Anesth Analg 2009; 109:993–994。
  • Saranteas T、Chantzi C、Paraskeuopoulos T、et al:麻酔におけるイメージング:さまざまな解剖学的位置での坐骨神経の識別における4 MHz〜7MHzセクターアレイ超音波プローブの役割。 Reg Anesth Pain Med 2007; 32:537–538。
  • Saranteas T、Chantzi C、Zogogiannis J、et al:大腿骨中央レベルでの外側坐骨神経検査と局在化:超音波による画像検査。 Acta Anaesthesiol Scand 2007; 51:387–388。
  • Saranteas T、Kostopanagiotou G、Paraskeuopoulos T、Vamvasakis E、Chantzi C、Anagnostopoulou S:大腿外側の2007つの異なる位置での坐骨神経の超音波検査:解剖学的準備によって検証された識別の新しいアプローチ。 Acta Anaesthesiol Scand 51; 780:781–XNUMX。
  • サイトBD、Neal JM、Chan V:局所麻酔における超音波:「焦点」はどこに設定する必要がありますか? Reg Anesth Pain Med 2009; 34:531–533。
  • Tsui BC、Dillane D、Pillay J、Ramji AK、Walji AH:超音波ガイド下末梢神経ブロックのトレーニングのためのカダベリック超音波イメージング:下肢。 Can J Anaesth 2007; 54:475–480。
  • Tsui BC、Ozelsel TJ:縦断的アプローチを使用した超音波ガイド下前坐骨神経ブロック:「視野の拡大」。 Reg Anesth Pain Med 2008; 33:275–276。
  • van Geffen GJ、Bruhn J、Gielen M:下肢に静脈奇形がある2007人の子供における超音波ガイド下の連続坐骨神経ブロック。 Can J Anaesth 54; 952:953–XNUMX。

パートII:後のアプローチ

一般的な考慮事項

経臀部アプローチでは、坐骨神経は大殿筋の奥深くにアプローチされ、XNUMXつの骨の目印(坐骨結節と大転子)の間で識別されます。 このレベルで坐骨神経と骨構造のビューを取得するには、通常、曲線プローブが必要です。
臀部下アプローチでは、神経は殿溝のレベルのすぐ下にあり、神経はより表面的になり、線形プローブを使用しても画像化できます。 あるアプローチが他のアプローチよりも優先されるかどうかは、患者の解剖学的特徴とオペレーターの個人的な好みに基づいています。 臀部下アプローチは、肥満患者を含むほとんどの患者と適応症にとってより良い選択かもしれません。

超音波解剖学

経臀部レベルでは、坐骨神経は、坐骨結節のXNUMXつの高エコー骨隆起と大腿骨の大転子の間の短軸で視覚化されます(図7 及び 8)。 大殿筋は、通常数センチメートルの厚さのXNUMXつの骨構造をつなぐ最も表面的な筋層と見なされます。 坐骨神経は、大殿筋のすぐ奥にあり、大腿方形筋の表面にあります。 多くの場合、大転子よりも坐骨結節にわずかに近いです。 太もものこの位置では、楕円形またはほぼ三角形の高エコー構造として見られます。 臀部レベルでは、坐骨神経は大腿二頭筋の長い頭と大内転筋の後面の間に配置されます。

図7 経臀部レベルでの坐骨神経の断面解剖学。 坐骨神経(ScN)は、大腿骨の大転子と坐骨結節の間に見られ、大殿筋(GMM)のすぐ奥にあり、腰方形筋(QF)の筋肉の表面にあります。 (Hadzic A:Hadzic's Peripheral Nerve Blocks and Anatomy for Ultrasound-Guided Regional Anesthesia、2nded。NewYork:McGraw-Hill、2011の許可を得て複製。)

図8 坐骨神経(ScN)の超音波解剖学を示す超音波画像。 ScNはしばしば卵形または三角形の形状をとり、坐骨結節(IT)と大腿骨の間の大殿筋(GMM)の奥深くに配置されます。 (Hadzic A:Hadzic's Peripheral Nerve Blocks and Anatomy for Ultrasound-Guided Regional Anesthesia、2nded。NewYork:McGraw-Hill、2011の許可を得て複製。)

麻酔の分布

坐骨神経ブロックは、膝下の下部肢全体(運動ブロックと感覚ブロックの両方)の麻酔をもたらします。ただし、内側の脚と足の皮膚は、伏在神経によって神経支配されています。 経臀部と亜臀部の両方のアプローチは、ハムストリング筋の運動ブロックを提供します。 大腿後部の皮膚は、後部大腿骨皮膚神経によって供給され、臀部下ではなく、必要に応じて、後部大腿骨皮膚神経を個別に麻酔することができます。 坐骨神経分布のより包括的なレビューについては、を参照してください。 機能的局所麻酔の解剖学.

EQUIPMENT

経臀部または亜臀部アプローチを使用した坐骨神経ブロックに推奨される機器は次のとおりです。

  • 湾曲した(フェーズアレイ)トランスデューサー(2〜8 MHz)、滅菌スリーブ、およびゲルを備えた超音波装置
  • 標準的な神経ブロックトレイ
  • 局所麻酔薬を含む20mLシリンジXNUMX本
  • 100 mm、21〜22ゲージ、短い斜角、絶縁された刺激針
  • 末梢神経刺激装置
  • 滅菌手袋

クリニカルパール

•経臀部アプローチを受けているより小さなサイズの患者には線形トランスデューサーを使用できる場合がありますが、湾曲したトランスデューサーにより、オペレーターは骨の目印を含むより広い視野を視覚化できます。 線形トランスデューサーを使用した場合、坐骨結節と大転子は同じ画像に表示されません。

詳細については、こちらをご覧 末梢神経ブロックのための機器

ランドマークと患者のポジショニング

経臥または亜臥アプローチのいずれかで、患者は横臥位に置かれます(図9 及び 10)。 手足は腰と膝で曲がっています。 いつ 神経刺激 を同時に使用する(推奨)場合、運動反応を検出して解釈するには、ハムストリングス、ふくらはぎ、足を露出させる必要があります。

図9 坐骨神経ブロックへの臀部下アプローチのためのトランスデューサーの位置と針の挿入。

図10 坐骨ブロックへの経臀部アプローチ:患者の位置、トランスデューサー(湾曲した)配置、および針の挿入。 (Hadzic A:Hadzic's Peripheral Nerve Blocks and Anatomy for Ultrasound-Guided Regional Anesthesia、2nded。NewYork:McGraw-Hill、2011の許可を得て複製。)

大転子の骨の隆起と坐骨結節が触診され、必要に応じて皮膚マーカーでマークされます。 トランスデューサーの初期位置は、XNUMXつの骨構造の間のくぼみにあります。

ゴール

目標は、針先を坐骨神経に隣接して、大殿筋の奥深くに配置し(経臀筋法)、神経に隣接する適切な広がりが視覚化されるまで15〜20mLの局所麻酔薬を沈着させることです。

TECHNIQUE

この章のテクニックの説明は、主に経グルタルアプローチに焦点を当てます。 ただし、臀部下アプローチはわずか数センチメートル遠位で実行され、技術的に実行が簡単であるため、ここで提供される一般的なガイドラインに従い、以下を参照することにより、どちらのアプローチを使用してもブロックを実行できます。 図9 及び 図11.

皮膚を消毒し、坐骨神経を識別するためにトランスデューサーを配置します(参照 図10). 傾ける トランスデューサーを近位または遠位に配置すると、コントラストが改善され、神経が筋肉組織の「バックグラウンドから外れる」ようになります。 多くの場合、局所麻酔薬の注射後、神経はよりよく画像化されます。 または、 スライディング トランスデューサーをわずかに近位または遠位に配置すると、画像の品質が向上し、視覚化が向上します。
識別されると、針は通常、トランスデューサーの側面から平面に挿入され、坐骨神経に向かって前進します。 もしも 神経刺激 使用される場合(1.0 mA、0.1ミリ秒)、大殿筋の前面にある筋膜を通る針の通過は、ふくらはぎまたは足の運動反応に関連していることがよくあります。

図11 大殿筋(GMM)と大内転筋の間の界面面(白い矢印)への臀部下の位置(線形トランスデューサーを使用)およびシミュレートされた針経路で見られる坐骨神経(ScN)。 (Hadzic A:Hadzic's Peripheral Nerve Blocks and Anatomy for Ultrasound-Guided Regional Anesthesia、2nded。NewYork:McGraw-Hill、2011の許可を得て複製。)

針先が神経に隣接して配置されたら(図12)、そして血管内針の配置を除外するために注意深く吸引した後、適切な注射部位を視覚化するために1〜2mLの局所麻酔薬が注射されます。 このような注射は、坐骨神経を針から遠ざけることがよくあります。 したがって、適切な局所麻酔薬の拡散を確実にするために、神経に向かって針をさらに1〜2mm前進させる必要がある場合があります。 追加の針の再配置と注射が必要になる場合があります。 針の配置の角度と深さが急であるため、針の先端を視覚化するのが難しいため、束内注射のリスクを減らすために注射に対する高い抵抗がないことを確認することが最も重要です。
通常、15〜20 mLの局所麻酔薬をXNUMX回注射するだけで十分ですが、坐骨神経の周囲に局所麻酔薬を確実に拡散させるために、異なる場所にXNUMX〜XNUMX個の少量を注射することが有益な場合があります。

図12 (a)面内技術と経グルタルアプローチを使用して坐骨神経(ScN)に到達するためのシミュレートされた針経路(1)。 針は、その先端が坐骨神経の側面に配置された状態で臀筋を通過しているところが示されています。 (b)経グルタルアプローチでScNをブロックするためのシミュレートされた針経路(1)と局所麻酔薬の分布(青い網掛け部分)。 (Hadzic A:Hadzic's Peripheral Nerve Blocks and Anatomy for Ultrasound-Guided Regional Anesthesia、2nded。NewYork:McGraw-Hill、2011の許可を得て複製。)

みんなが読んでいる

•注射しないでください 高抵抗 (> 15 psi)これは神経内注射の合図となる可能性があるためです。 専門家でさえ、神経内注射の兆候を見逃す可能性があります。
•一部の著者は、坐骨神経に対して神経内注射が安全であると示唆していますが、筋肉束に比べて結合組織の割合が高いため、神経の周りに注射することで信頼できるブロックが得られるため、避けるのが最善です。 坐骨神経をその軟組織の周囲から区別する能力は、局所麻酔薬の注射後にしばしば改善されます。 そうすることで、注射開始時に神経を識別するためのマーカーとして使用できます。

連続超音波ガイド下坐骨神経ブロック

継続的な坐骨神経ブロックの目標は、米国に基づかない技術の目標と似ています。 カテーテル 大殿筋と大腿方形筋の間の坐骨神経の近く。 手順は、の連続超音波ガイドブロックセクションで前述したものと同様です。 超音波ガイド下頸神経叢ブロック。
先端が神経に隣接し、大殿筋筋膜の奥深くまで、外側から内側の方向に平面内で針を前進させると、適切なカテーテルの位置が確保されます。 針の適切な配置は、ふくらはぎまたは足の運動反応を取得することによっても確認できます。この時点で、4〜5mLの局所麻酔薬が注入されます。 この少量の局所麻酔薬は、適切な局所麻酔薬の分布を確保するだけでなく、カテーテルの前進を容易にするのに役立ちます。 手順のこの最初のフェーズは、シングルインジェクション技術と大きな違いはありません。

あるいは、縦断図を使用してカテーテルを挿入することもできます。 このアプローチでは、断面図で坐骨神経のイメージングが成功した後、坐骨神経が縦方向のビューで視覚化されるように、トランスデューサーが90度回転します。 ただし、このアプローチには、米国でのイメージングスキルが大幅に向上する必要があります。

カテーテルは、皮膚にテーピングするか、トンネリングすることによって固定されます。 一般的な注入戦略は、0.2 mL /hの患者管理ボーラスで5mL/分の速度で5%のロピバカインで構成されます。

に関する追加情報については、リンクをたどってください 連続末梢神経ブロック

参考文献

  • Abdallah FW、Chan VW、Koshkin A、Abbas S、Brull R:太りすぎおよび肥満の患者における超音波ガイド下坐骨神経ブロック:臀部下および臀部下の空間技術間のパフォーマンス時間のランダム化比較。 Reg Anesth Pain Med 2013; 38:547–552。
  • Meng S、Lieba-Samal D、Reissig LF、et al:後大腿皮神経の高解像度超音波:視覚化と患者との最初の経験。 Skeletal Radiol 2015; 44:1421–1426。
  • Krediet AC、Moayeri N、Bleys RL、Groen GJ:神経内または神経外:少量の注射を局所化するための超音波評価の診断精度。 Reg Anesth Pain Med 2014; 39:409–413。
  • 原K、さくらS、横川N、田沼S:超音波ガイド下臀部坐骨神経ブロック中の意図しない神経内注射の発生率と影響。 Reg Anesth Pain Med 2012; 37:289–293。
  • Sala-Blanch X、LópezAM、PomésJ、Valls-Sole J、GarcíaAI、Hadzic A:坐骨膝窩ブロック中の神経内注射後の神経損傷の臨床的または電気生理学的証拠はありません。 麻酔学2011;115:589–595。
  • Abbas S、Brull R:超音波ガイド下坐骨神経ブロック:臀部下腔での新しいアプローチの説明。 Br J Anaesth 2007; 99:445–446。
  • Abdallah FW、Brull R:坐骨神経ブロックは、人工膝関節全置換術後の術後鎮痛のために大腿神経ブロックと組み合わせると有利ですか? 系統的レビュー。 Reg Anesth Pain Med 2011; 36:493–498。
  • Abdallah FW、Brull R:人工膝関節全置換術後の鎮痛のための坐骨神経ブロック:陪審員はまだ出ていない。 Reg Anesth Pain Med 2012; 37:122–123。
  • Abdallah FW、Chan VW、Gandhi R、Koshkin A、Abbas S、Brull R:人工膝関節全置換術後の膝後部痛に対する近位、遠位、または無神経ブロックの鎮痛効果:二重盲検プラセボ対照無作為化試験。 麻酔学2014;121:1302–1310。
  • Barrington MJ、Lai SL、Briggs CA、Ivanusic JJ、Gledhill SR:超音波ガイド下中腿坐骨神経ブロック-臨床的および解剖学的研究。 Reg Anesth Pain Med 2008; 33:369–376。
  • Benzon HT、Katz JA、Benzon HA、Iqbal MS:梨状筋症候群:解剖学的考察、新しい注射技術、および文献のレビュー。 Anesthesiology 2003; 98:1442–1448。
  • Bruhn J、Moayeri N、Groen GJ、et al:大腿二頭筋の長い頭の腱:臀部下領域の坐骨神経の超音波識別のための軟組織のランドマーク。 Acta Anaesthesiol Scand 2009; 53:921–925。
  • Bruhn J、van Geffen GJ、Gielen MJ、Scheffer GJ:超音波検査による成人ボランティアの坐骨神経の経路の視覚化。 Acta Anaesthesiol Scand 2008; 52:1298–1302。
  • Cao X、Zhao X、Xu J、Liu Z、Li Q:坐骨神経ブロックの超音波ガイド技術と神経刺激:メタアナリシス。 Int J Clin Exp Med 2015; 8:273–80。
  • Chan VW、Nova H、Abbas S、McCartney CJ、Perlas A、XuDQ:。 坐骨神経の超音波検査と局在化:ボランティア研究。 Anesthesiology 2006; 104:309–314。
  • Chantzi C、Saranteas T、Zogogiannis J、Alevizou N、Dimitriou V:肥満患者の大腿前部の坐骨神経の超音波検査。 Acta Anaesthesiol Scand 2007; 51:132。
  • Danelli G、Ghisi D、Fanelli A、et al:臀部下アプローチを使用して坐骨神経を遮断するために必要なメピバカイン1.5%の最小有効麻酔量に対する超音波ガイダンスと神経刺激の効果。 Anesth Analg 2009; 109:1674–1678。
  • Danelli G、Ghisi D、Ortu A:超音波および局所麻酔技術:坐骨神経ブロックには本当に超音波ガイダンスの技術的限界がありますか? Reg Anesth Pain Med 2008; 33:281–282。
  • Dillow JM、Rosett RL、Petersen TR、Vagh FS、Hruschka JA、Lam NC:小児の坐骨神経ブロックへの超音波ガイド下傍仙骨アプローチ。 Paediatr Anaesth 2013; 23:1042-1047。
  • Domingo-Triado V、Selfa S、Martinez F、et al:外側大腿骨中部坐骨神経ブロックの超音波ガイダンス:前向き、比較、無作為化試験。 Anesth Analg 2007; 104:1270–1274。
  • Fredrickson MJ、Kilfoyle DH:選択的整形外科手術のための1000個の超音波ガイド下末梢神経ブロックの神経学的合併症分析:前向き研究。 麻酔2009;64:836–844。
  • Gnaho A、Eyrieux S、Gentili M:神経刺激と組み合わせた超音波ガイド下坐骨神経ブロック中の心停止。 Reg Anesth Pain Med 2009; 34:278。
  • 灰色AT、コリンズAB、Schafhalter-Zoppoth I:子供の坐骨神経ブロック:超音波検査によるアプローチ。 Anesth Analg 2003; 97:1300–1302。
  • ハミルトンPD、ピアスCJ、ピニーSJ、カルダーJD:坐骨神経ブロック:北米と英国の整形外科の足と足首の専門家の調査。 Foot Ankle Int 2009; 30:1196–1201。
  • 原K、さくらS、横川N:超音波ガイド下臀部坐骨神経ブロックにおける電気刺激の役割:応答パターンと最小誘発電流が結果として生じるブロックにどのように影響するかに関する後ろ向き研究。 J Anesth 2014; 28:524–531。
  • Karmakar MK、Kwok WH、Ho AM、Tsang K、Chui PT、Gin T:超音波ガイド下坐骨神経ブロック:臀部下腔での新しいアプローチの説明。 Br J Anaesth 2007; 98:390–395。
  • Keplinger M、Marhofer P、Marhofer D、et al:坐骨神経ブロックの効果的な局所麻酔薬量:ED99の臨床評価。 麻酔2015;70:585–590。
  • Krediet AC、Moayeri N、Bleys RL、Groen GJ:神経内または神経外:少量の注射を局所化するための超音波評価の診断精度。 Reg Anesth Pain Med 2014; 39:409–413。
  • Latzke D、Marhofer P、Zeitlinger M、et al:坐骨神経ブロックの最小局所麻酔薬量:ボランティアにおけるED99の評価。 Br J Anaesth 2010; 104:239–244。
  • Marhofer P、Harrop-Griffiths W、Willschke H、Kirchmair L:局所麻酔における2年間の超音波ガイダンス:パート2010-ブロック技術の最近の開発。 Br J Anaesth 104; 673:683–XNUMX。
  • Meng S、Lieba-Samal D、Reissig LF、et al:後大腿皮神経の高解像度超音波:視覚化と患者との最初の経験。 Skeletal Radiol 2015; 44:1421–1426。
  • Moayeri N、van Geffen GJ、Bruhn J、Chan VW、Groen GJ:坐骨神経の超音波、断面解剖学、および組織学の間の相関:レビュー。 Reg Anesth Pain Med 2010; 35:442–449。
  • マレーJM、ダービーシャーS、シールドMO:下肢ブロック。 麻酔2010;65(補足1):57–66。
  • Oberndorfer U、Marhofer P、Bosenberg A、et al:小児の坐骨神経ブロックおよび大腿神経ブロックの超音波検査ガイダンス。 Br J Anaesth 2007; 98:797–801。
  • 大阪Y、柏木M、長塚Y、美和S:仰臥位の患者の坐骨神経ブロックへの超音波ガイド下内側中腿アプローチ。 J Anesth 2011; 25:621–624。
  • 太田J、さくらS、原K、斉藤Y:坐骨神経ブロックへの超音波ガイド下前方アプローチ:後方アプローチとの比較。 Anesth Analg 2009; 108:660–665。
  • Pham Dang C、Gourand D:外側中大腿骨アプローチにおける坐骨神経の超音波画像。 Reg Anesth Pain Med 2009; 34:281–282。
  • Ponde V、Desai AP、Shah D:先天性関節拘縮症の小児における超音波ガイド下坐骨神経および大腿神経ブロックと神経刺激の成功率の比較:無作為化臨床試験。 Paediatr Anaesth 2013; 23:74–78。
  • Quah VY、Hocking G、Froehlich K:ボランティアの坐骨神経の深さと超音波検査の外観に対する脚の位置の影響。 Anaesth Intensive Care 2010; 38:1034-1037。
  • Reinoso-Barbero F、Saavedra B、Segura-Grau E、Llamas A:成人と新生児の坐骨神経の解剖学的比較:超音波ガイド下ブロックの臨床的意義。 J Anat 2014; 224:108–112。
  • サリナスFV:超音波と下肢末梢神経ブロックの証拠のレビュー。 Reg Anesth Pain Med 2010; 35:S16–25。
  • Saranteas T:麻酔における超音波画像技術の限界:肥満と筋萎縮? Anesth Analg 2009; 109:993–994。
  • Saranteas T、Chantzi C、Paraskeuopoulos T、et al:麻酔におけるイメージング:さまざまな解剖学的位置での坐骨神経の識別における4 MHz〜7MHzセクターアレイ超音波プローブの役割。 Reg Anesth Pain Med 2007; 32:537–538。
  • Saranteas T、Chantzi C、Zogogiannis J、et al:大腿骨中央レベルでの外側坐骨神経検査と局在化:超音波による画像検査。 Acta Anaesthesiol Scand 2007; 51:387–388。
  • Saranteas T、Kostopanagiotou G、Paraskeuopoulos T、Vamvasakis E、Chantzi C、Anagnostopoulou S:大腿外側の2007つの異なる位置での坐骨神経の超音波検査:解剖学的準備によって検証された識別の新しいアプローチ。 Acta Anaesthesiol Scand 51; 780:781–XNUMX。
  • サイトBD、Neal JM、Chan V:局所麻酔における超音波:「焦点」はどこに設定する必要がありますか? Reg Anesth Pain Med 2009; 34:531–533。
  • Taha AM:仙骨傍領域の坐骨神経を特定するためのシンプルで成功した超音波検査技術。 Can J Anaesth 2012; 59:263–267。
  • Tammam TF:超音波ガイド下の臀部下坐骨神経ブロック:2013つの異なる技術の比較。 Acta Anaesthesiol Scand 57; 243:248–XNUMX。
  • Tran DQ、MuñozL、Russo G、Finlayson RJ:超音波検査と神経ブロック用の神経周囲カテーテルの刺激:エビデンスのレビュー。 Can J Anaesth 2008; 55:447–457。
  • Tsui BC、Dillane D、Pillay J、Ramji AK、Walji AH:超音波ガイド下末梢神経ブロックのトレーニングのためのカダベリック超音波イメージング:下肢。 Can J Anaesth 2007; 54:475–480。
  • Tsui BC、Finucane BT:超音波ランドマークの重要性:坐骨神経の識別に膝窩血管を使用する「トレースバック」アプローチ。 Reg Anesth Pain Med 2006; 31:481–482。
  • Tsui BC、Ozelsel TJ:縦断的アプローチを使用した超音波ガイド下前坐骨神経ブロック:「視野の拡大」。 Reg Anesth Pain Med 2008; 33:275–276。
  • van Geffen GJ、Bruhn J、Gielen M:下肢に静脈奇形がある2007人の子供における超音波ガイド下の連続坐骨神経ブロック。 Can J Anaesth 54; 952:953–XNUMX。
  • van Geffen GJ、Gielen M:小児の刺激カテーテルによる超音波ガイド下臀部坐骨神経ブロック:記述的研究。 Anesth Analg 2006; 103:328–333。
  • Young DS、Cota A、Chaytor R:人工足関節全置換術後の術後疼痛管理のための継続的な臀部下坐骨神経ブロック。 Foot Ankle Spec 2014; 7:271–276。