超音波ガイド下鎖骨下腕神経叢神経ブロック-NYSORA| NYSORA

超音波ガイド下鎖骨下腕神経叢神経ブロック

アーサー・アチャバヒアン、キャサリン・ヴァンデピッテ、アナ・M・ロペス

FACTS

  • 適応症:腕、肘、前腕、および手の手術(図1)
  • トランスデューサーの位置:ほぼ傍矢状、烏口突起のちょうど内側、鎖骨より下
  • 目標:腋窩動脈の周りに広がる局所麻酔薬
  • 局所麻酔薬の量:20〜30 mL

図1 鎖骨下腕神経叢神経ブロックの感覚ブロックの分布。

一般的な考慮事項

超音波(US)ガイド下鎖骨下腕神経叢神経ブロックは、いくつかの点で単純で挑戦的です。 超音波画像上の動脈拍動の識別がランドマークを確立する際の簡単な主要な目標であるという点で簡単です。 ただし、このレベルの神経叢はより深く位置しており、アプローチの角度はより鋭角であるため、針と関連する解剖学的構造の同時視覚化はより困難になります。 幸いなことに、神経叢のXNUMX本の索を確実に特定できるとは限りませんが、動脈の周囲に局所麻酔薬をU字型に配置するだけで、適切な神経ブロックを実現できます。 鎖骨下腕神経叢神経ブロックは、胸壁の筋肉組織がカテーテルを安定させ、カテーテルの脱落を防ぐのに役立つため、カテーテル技術に非常に適しています。 斜角筋 及び 鎖骨上 腕神経叢ブロックへのアプローチ。

超音波解剖学

腋窩動脈は、大胸筋と小胸筋の深部で識別できます。 胸筋とそれぞれの筋膜の両方をはっきりと見ることができるように努力する必要があります。 関心のある領域は小胸筋の筋膜の下にあるため、これは重要です。 動脈を囲んでいるのは、腕神経叢の9つの索、外側、後、内側の索です。 これらは、腋窩動脈に対する通常の位置にちなんで名付けられていますが、解剖学的な変化はたくさんあります。 画面の左側が頭側に対応しているため、コードは、約7時(外側コード)、5時(後コード)、およびXNUMX時の位置で丸い高エコー構造として見られることがよくあります。時計(内側コード)(図2 及び 3)。 腋窩静脈は、腋窩動脈の内側にある圧縮可能な低エコー構造として見られます。 他の複数の小さな血管(例えば、橈側皮静脈)もしばしば存在します。 トランスデューサーは、動脈が断面で識別されるまで、頭側尾側および内側外側方向に移動します。 選択した深度とスキャンが実行されるレベルに応じて、胸壁と胸膜が画像の内側およびより尾側に見える場合があります。 腋窩動脈および/または腕神経叢は、通常、平均的なサイズの患者では3〜5cmの深さで識別されます。

図2 鎖骨下腕神経叢(BP)の解剖学とトランスデューサーの位置。 烏口突起のレベルでの傍正中矢状面。 BPは、烏口突起と小胸筋(PMiM)の下の腋窩動脈(AA)の周囲に見られます。 局所麻酔薬の注射は、AAの周りに広がるためにPMiMの筋膜の下で行われるべきであることに注意してください。

図3 鎖骨の遠位にある腕神経叢(BP)の超音波画像。 血圧、腋窩動脈(AA)、および腋窩静脈(AV)は、小胸筋(PMiM)の筋膜(赤い線)の下にあることに注意してください。 LC、側索; MC、内側コード; PC、後索; PMaM、大胸筋。

局所麻酔大要から:鎖骨下腕神経叢ブロックの認知的プライミング。

腕神経叢のより包括的なレビューについては、を参照してください。 機能的局所麻酔の解剖学。

麻酔の分布

腕神経叢ブロックへの鎖骨下アプローチは、肩の下の上肢の麻酔をもたらします。 必要に応じて、上腕の内側側面(肋間上腕神経、T2)の皮膚を、腋窩のすぐ遠位にある腕の内側側面に追加の皮下注射でブロックすることができます。 より簡単なアプローチは、外科医が必要に応じて切開線の真上に局所麻酔薬を皮膚に浸透させることです。

EQUIPMENT

鎖骨下腕神経叢神経ブロックに推奨される機器には、次のものがあります。

  • 線形トランスデューサー(8〜14 MHz)、滅菌スリーブ、およびゲルを備えた超音波装置
  • 標準的な神経ブロックトレイ
  • 注射器で作成された20〜30mLの局所麻酔薬
  • 8〜10 cm、21〜22ゲージ、短い斜角、絶縁された刺激針
  • 末梢神経刺激装置
  • 射出圧力監視システムを開く
  • 滅菌手袋

詳細については、こちらをご覧 末梢神経ブロックのための機器

ランドマークと患者のポジショニング

超音波トランスデューサーの快適な配置と針の前進を可能にする任意の位置が適切です。 神経ブロックは通常、患者を仰臥位にして、頭をブロックする側から遠ざけて行います(図4)。 腕を90度に外転させ、肘を曲げます。 この操作により、鎖骨が上昇し、皮膚から神経叢までの深さが減少し、胸筋、腕神経叢の索、および針の視覚化が大幅に容易になります。 烏口突起は重要な目印であり、腕を上げ下げしながら、肩のすぐ内側にある骨の隆起を触診することで簡単に識別できます。 腕を下げると、烏口突起が触診する手の指に接触します。 スキャンは通常、烏口突起のちょうど内側で鎖骨より下で始まります。 プローブを傍矢状面に保ち、内側と外側をスキャンすることで、胸壁と胸膜の位置を特定できます(図5)。 気胸のリスクを最小限に抑えるために、神経ブロックは胸膜の外側にあるプローブで行う必要があります。

図4 鎖骨下腕神経叢神経ブロック針挿入の患者の位置。 トランスデューサーは、烏口突起のちょうど内側で鎖骨の下に傍矢状に配置されています。

図5 超音波ガイド下鎖骨下神経ブロック:内側から外側へのプローブの動きは、傍矢状面で前進した針が胸膜に入る可能性のある領域を回避するために使用されます。 () 傍矢状側面図:前鋸筋が神経血管束と胸膜の間に見られます。 (B) このプローブ位置では、胸膜は腕神経叢の近くにあります。

ゴール

この技術の目標は、動脈の周りの広がりが超音波によって確認されるまで、局所麻酔薬を注入することです。 個々のコードを識別してターゲットにする必要はありません。 代わりに、U字型のパターン(頭、尾、後部)で動脈を囲む局所麻酔薬の注射は、XNUMX本の索すべての神経ブロックに十分です。

局所麻酔大要から:面内に針を挿入し、局所麻酔薬を広げた鎖骨下腕神経叢ブロックの逆超音波解剖学(青)。 AA、腋窩動脈; AV、腋窩静脈; LC、側索; MC、内側コード; PC、後索。

TECHNIQUE

患者が適切な位置にいる状態で、皮膚を消毒し、トランスデューサーを腋窩動脈を識別するために傍矢状面に配置します(を参照)。 図3 及び 4)。 これには、調整が必要な場合があります 深さ、患者の胸壁の筋肉組織の厚さに応じて。 腋窩動脈は通常3〜5cmの間に見られます。 動脈が特定されると、腕神経叢の高エコーコードと動脈に対するそれらの対応する位置を特定する試みが行われますが、これらは常に特定できるとは限りません。 幸い、ブロックを成功させるためにコードを視覚化する必要はありません。 針は、プローブの頭側の端から面内に挿入され、挿入点は鎖骨のすぐ下にあります(を参照)。 図4)。 針は腋窩動脈の後面に向けられ、大胸筋と小胸筋を通過します。 もしも 神経刺激 を同時に使用すると(0.5〜0.8 mA、0.1ミリ秒)、最初の運動反応は多くの場合、外側索(肘の屈曲または指の屈曲)からのものです。 針が動脈のさらに下まで進むと、後索運動反応が現れることがあります(指と手首の伸展)。 注意深く吸引した後、1〜2 mLの局所麻酔薬を注射して、適切な針の配置と広がりを確認します。 注入物は、外側索と内側索をそれぞれ覆うように頭側と尾側を広げる必要があります(図6).

図6 鎖骨下腕神経叢神経ブロックの理想的な針路を示す超音波画像。 青い網掛け部分は、腋窩動脈(AA)の周りの局所麻酔薬の理想的な広がりを模倣しており、腕神経叢のXNUMXつの索すべて(外側索[LC]、後索[PC]、および内側索[MC])に到達します。小胸筋(PMiM)、大胸筋(PMaM)、および腋窩静脈(AV)の筋膜(赤い線)。

局所麻酔薬を20回注射しても十分な広がりが見られない場合は、追加の針の再配置と腋窩動脈周囲への注射が必要になることがあります。 成人患者では、通常、30〜XNUMXmLの局所麻酔薬でブロックを成功させることができます。 多くの場合、このような大量の局所麻酔薬をXNUMX回注射するだけで十分ですが、腕神経叢を含むすべての面に局所麻酔薬が確実に広がるように、異なる場所にXNUMX〜XNUMX個の少量を注射することが有益な場合があります。 セプタムが動脈周囲の局所麻酔薬の拡散を妨げるという報告がありますが、その場合は、針先を再配置してU字型の広がりを実現することで、神経ブロックを確実に成功させることができます。 鎖骨の遠位にある腕神経叢を神経ブロックするための代替アプローチが説明されています。 より頭側のレベル(肋鎖骨腔)でのコード間の単回注射。腕神経叢を動脈の外側で視覚化できます(図7).

図7 肋鎖骨腔における腕神経叢の超音波ビュー。 外側(LC)、内側(MC)、および後方(PC)のコードは、腋窩動脈の外側でより表面的に集まっています。 このレベルでは、小胸筋は大胸筋の奥深くには見えません。

みんなが読んでいる

•動脈後方のアーチファクトは、しばしば後索と誤解されます。 図6.
「ヒールアップ」操作 (傍矢状面でプローブを患者の頭に向かって揺り動かし、プローブの尾側の組織を押し下げる)と、必要に応じて針の角度を簡単に変更できます(を参照)。 図4).
•合併症のリスクを減らすために、次のガイドラインを順守してください。
•血管内注射のリスクを減らすために、5mLごとに断続的に吸引します。
•次の場合は注入しないでください 射出抵抗 高い(> 15 psi)。

連続超音波ガイド下鎖骨下神経ブロック

継続的な鎖骨下神経ブロックの目標は、非超音波ベースの技術に似ています。 カテーテル 胸筋の下の腕神経叢の索の近く。 手順は次の1つのフェーズで構成されます。(2)針の配置。 (3)カテーテルの前進; (XNUMX)カテーテルを固定する。 手順の最初のXNUMXつのフェーズでは、ほとんどの患者の精度を確保するために超音波を使用できます。 針は通常、単回注射技術と同様に、頭側から尾側方向に面内に挿入されます(フィギュア 8)。 単回注射技術と同様に、注射とカテーテルの前進の前に、針先を腋窩動脈の後方に配置する必要があります。 適切な針の配置は、後索(指または手首の伸展)の運動反応を取得することによっても確認できます。この時点で、1〜2mLの局所麻酔薬が注入されます。 カテーテルの前進と固定に関する残りの技術は、以前に説明したものと同じです(連続神経ブロックセクション、 超音波ガイド下腕神経叢神経ブロック)。 典型的なスタート 輸液 レジメンは5mL/ hで、その後8時間ごとにXNUMXmLの患者管理のボーラスが続きます。 上腕神経叢のすべての索に到達するように、動脈の周りに注入物を適切に広げるには、より大きなボーラス量が必要です。

図8 連続鎖骨下腕神経叢神経ブロックの患者の位置、イメージング、および針の配置は、単回注射技術の場合と同様です。 少量の局所麻酔薬を注入して適切な針先の配置を決定したら、カテーテルを針先から2〜4cm超えて挿入します。

へのリンクに従ってください 連続末梢神経ブロック 追加情報について。

 

参考文献

  • Ruiz A、Sala X、Bargallo X、Hurtado P、Arguis MJ、Carrera A:鎖骨下腕神経叢の解剖学的関係に対する腕の外転の影響:超音波検査。 Anesth Analg 2009; 108:364–366。
  • Auyong DB、Gonzales J、Benonis JG:Houdini鎖骨:腕の外転と針挿入部位の調整により、鎖骨下神経ブロックの針の視認性が向上します。 Reg Anesth Pain Med 2010; 35:403–404。
  • Fredrickson MJ、Wolstencroft P、Kejriwal R、Yoon A、Boland MR、Chinchanwala S:シングル対トリプル注射超音波ガイド下鎖骨下ブロック:シングル注射技術の有効性の確認。 Anesth Analg 2010; 111:1325–1327。
  • Tran DQ、Bertini P、Zaouter C、MuñozL、Finlayson RJ:シングルインジェクションとダブルインジェクションの超音波ガイド下鎖骨下腕神経叢ブロックの前向き無作為化比較。 Reg Anesth Pain Med 2010; 35:16–21。
  • DesgagnésMC、LévesqueS、Dion N、et al:超音波ガイド下鎖骨下ブロックのシングルまたはトリプル注射技術の比較:前向き無作為化比較試験。 Anesth Analg 2009; 109:668–672
  • Dolan J:超音波ガイド下鎖骨下腕神経叢ブロック中に局所麻酔薬の拡散を阻害する筋膜面は、腋窩動脈の後面に限定されません。 Reg Anesth Pain Med 2009; 34:612–613
  • Morimoto M、Popovic J、Kim JT、Kiamzon H、Rosenberg AD:症例シリーズ:セプタムは鎖骨下腕神経叢ブロック中の局所麻酔薬の広がりに影響を与える可能性があります。 Can J Anaesth 2007; 54:1006-1010。
  • Aguirre J、Baulig B、Borgeat A:超音波ガイド下鎖骨下ブロックはユーザーの期待に応えますか? Can J Anaesth 2010; 57:176–177。
  • Akyildiz E、Gurkan Y、Caglayan C、Solak M、Toker K:外側矢状鎖骨下ブロック中の単一刺激と二重刺激。 Acta Anaesthesiol Scand 2009; 53:1262–1267。
  • Arcand G、Williams SR、Chouinard P、et al:超音波ガイド下鎖骨下対鎖骨上ブロック。 Anesth Analg 2005; 101:886–890。
  • Benkhadra M、Faust A、Fournier R、Aho LS、Girard C、Feigl G:鎖骨下ブロック中の失敗の考えられる説明:Thielの防腐処理された死体の解剖学的観察。 Br J Anaesth 2012; 109:128–129。
  • ベリーJM:鎖骨下腕神経叢ブロックのための超音波ガイダンスと神経刺激を使用した選択的な局所麻酔薬の配置。 Anesth Analg 2010; 110:1480–1485。
  • Bigeleisen P、Wilson M:超音波ガイド下鎖骨下ブロックの2006つの技術の比較。 Br J Anaesth 96; 502:507–XNUMX。
  • Bigeleisen PE:抗凝固療法および麻酔をかけた患者における超音波ガイド下鎖骨下ブロック。 Anesth Analg 2007; 104:1285–1287。
  • Bloc S、Garnier T、Komly B、et al:鎖骨下腕神経叢ブロック中の放射状または正中神経型運動反応に関連する注入物の広がり:超音波評価。 Reg Anesth Pain Med 2007; 32:130–135。
  • Bowens C Jr、Gupta RK、O'Byrne WT、et al:鎖骨下腕神経叢ブロックのための超音波ガイダンスと神経刺激を使用した選択的局所麻酔薬の配置。 Anesth Analg 2010; 110:1480–1485。
  • Brull R、Lupu M、Perlas A、Chan VW、McCartney CJ:二重神経刺激と比較して、超音波ガイダンスは鎖骨下ブロックのパフォーマンスにかかる時間を短縮します。 Can J Anaesth 2009; 56:812–818。
  • Brull R、McCartney CJ、Chan VW:鎖骨下腕神経叢ブロックへの新しいアプローチ:超音波体験。 Anesth Analg 2004; 99:950。
  • Chin KJ、Alakkad H、Adhikary SD、Singh M:下腕の局所麻酔のための鎖骨下腕神経叢ブロック。 Cochrane Database Syst Rev 2013; 8:CD005487。
  • Chin KJ、Singh M、Velayutham V、Chee V:下腕の局所麻酔のための鎖骨下腕神経叢ブロック。 Anesth Analg 2010; 111:1072。
  • Chin KJ、Singh M、Velayutham V、Chee V:下腕の局所麻酔のための鎖骨下腕神経叢ブロック。 Cochrane Database Syst Rev 2010; 2:CD005487。
  • Dhir S、Ganapathy S:刺激カテーテルと従来の技術による超音波ガイド下連続鎖骨下腕神経叢ブロックの比較評価:前向き無作為化試験。 Acta Anaesthesiol Scand 2008; 52:1158–1166。
  • Dhir S、Ganapathy S:超音波ガイダンスとコントラスト強調の使用:継続的な鎖骨下腕神経叢アプローチの研究。 Acta Anaesthesiol Scand 2008; 52:338–342。
  • Dhir S、Singh S、Parkin J、Hannouche F、Richards RS:連続的な両側上肢鎮痛のための超音波ガイド下、両側鎖骨下カテーテルを使用した複数の指関節置換術および連続理学療法。 Can J Anaesth 2008; 55:880–881。
  • Dingemans E、Williams SR、Arcand G、et al:超音波ガイド下鎖骨下ブロックにおける神経刺激:前向き無作為化試験。 Anesth Analg 2007; 104:1275–1280。
  • Dolan J:超音波ガイド下鎖骨下腕神経叢ブロック中に局所麻酔薬の拡散を阻害する筋膜面は、腋窩動脈の後面に限定されません。 Reg Anesth Pain Med 2009; 34:612–613。
  • Dolan J:超音波ガイド下鎖骨下神経ブロックと橈側皮静脈。 Reg Anesth Pain Med 2009; 34:528–529。
  • Eren G、Altun E、Pektas Y、et al:超音波ガイダンスで鎖骨下ブロックの局所麻酔薬をどの程度減らすことができますか? 麻酔医2014;63:760–765。
  • Fredrickson MJ、Patel A、Young S、Chinchanwala S:「角ポケット鎖骨上」および鎖骨下超音波ガイド下腕神経叢ブロックの発症速度:無作為化観察者盲検比較。 麻酔2009;64:738–744。
  • Gleeton D、Levesque S、TrépanierCA、GariépyJL、Brassard J、Dion N:診断されていない上肢真菌性動脈瘤の患者における超音波ガイド下鎖骨下ブロック後の症候性腋窩血腫。 Anesth Analg 2010; 111:1069–1071。
  • Gurkan Y、Acar S、Solak M、Toker K:神経刺激と超音波ガイド下矢状鎖骨下ブロックの比較。 Acta Anaesthesiol Scand 2008; 52:851–855。
  • Gurkan Y、Ozdamar D、Hosten T、Solak M、Toker K:胸筋フラップ解放用の超音波ガイド下矢状鎖骨下ブロック。 Agri 2009; 21:39–42。
  • Gurkan Y、Tekin M、Acar S、Solak M、Toker K:超音波ガイド下の外側矢状鎖骨下ブロック中に神経刺激が必要ですか? Acta Anaesthesiol Scand 2010; 54:403–407。
    Jiang XB、Zhu SZ、Jiang Y、Chen QH、Xu XZ:烏口骨アプローチによる超音波ガイド下鎖骨下腕神経叢ブロックにおける局所麻酔薬混合物の最適用量:160例の分析[中国語]。 Zhonghua Yi Xue Za Zhi 2009; 89:449–452。
  • Kalagara HK、Uppal V、McKinlay S、Macfarlane AJ、Anderson K:超音波ガイド下矢状鎖骨下腕神経叢ブロック中の針挿入角度に対する肥満度指数の影響。 J Clin Anesth 2015; §27:375–379。
  • Karmakar MK、Sala-Blanch X、Songthamwat B、Tsui BC:超音波ガイド下鎖骨下腕神経叢ブロックの肋鎖骨下腔の利点:肋鎖骨アプローチの説明。 Reg Anesth Pain Med 2015; 40:287–288。
  • Koscielniak-Nielsen ZJ、Frederiksen BS、Rasmussen H、Hesselbjerg L:上肢手術のための超音波ガイド下鎖骨上ブロックと鎖骨下ブロックの比較。 Acta Anaesthesiol Scand 2009; 53:620–626。
  • Koscielniak-Nielsen ZJ、Rasmussen H、Hesselbjerg L:超音波ガイド下矢状鎖骨下ブロック後の気胸。 Acta Anaesthesiol Scand 2008; 52:1176–1177。
  • Lecours M、LévesqueS、Dion N、Nadeau MJ、Dionne A、Turgeon AF:単一注射の超音波ガイド下鎖骨下ブロックの合併症:コホート研究。 Can J Anaesth 2013; 60:244–252。
  • Levesque S、Dion N、Desgagne MC:成功した、超音波ガイド下鎖骨下腕神経叢ブロックのエンドポイント。 Can J Anaesth 2008; 55:308。
  • Marhofer P、Harrop-Griffiths W、Willschke H、Kirchmair L:局所麻酔における2年間の超音波ガイダンス:パート2010-ブロック技術の最近の開発。 Br J Anaesth 104; 673:683–XNUMX。
  • Mariano ER、Loland VJ、Bellars RH、et al:鎖骨下腕神経叢神経周囲カテーテル挿入のための超音波ガイダンス対電気刺激。 J Ultrasound Med 2009; 28:1211–1218。
  • Martinez Navas A、De La Tabla Gonzalez RO:超音波ガイド技術により、鎖骨下腕神経叢ブロック中の血管内注射を早期に検出できました。 Acta Anaesthesiol Scand 2009; 53:968–970。
  • Moayeri N、Renes S、van Geffen GJ、Groen GJ:垂直鎖骨下腕神経叢ブロック:肘の屈曲を誘発した後の針の方向転換。 Reg Anesth Pain Med 2009; 34:236–241。
  • Morimoto M、Popovic J、Kim JT、Kiamzon H、Rosenberg AD:症例シリーズ:セプタムは鎖骨下腕神経叢ブロック中の局所麻酔薬の広がりに影響を与える可能性があります。 Can J Anaesth 2007; 54:1006-1010。
  • Nadig M、Ekatodramis G、Borgeat A:超音波ガイド下鎖骨下腕神経叢ブロック。 Br J Anaesth 2003; 90:107–108。
  • 大滝C、林H、天野M:超音波ガイド下鎖骨下腕神経叢ブロック:解剖学的ランドマークガイドアプローチの代替技術。 Reg Anesth Pain Med 2000; 25:600–604。
  • Perlas A、Chan VW、Simons M:超音波および電気刺激を使用した腕神経叢の検査と位置特定:ボランティア研究。 Anesthesiology 2003; 99:429–435。
  • Ponde V、Shah D、Johari A:小児の後索に沿って配置された超音波ガイド下鎖骨下カテーテル後の放射線不透過性造影剤拡散による局所麻酔薬分布の確認:前向き分析。 Paediatr Anaesth 2015; 25:253–257。
  • Ponde VC、Diwan S:放射状のクラブハンドを持つ子供の神経刺激と比較した場合、超音波ガイダンスは鎖骨下腕神経叢ブロックの成功率を改善しますか? Anesth Analg 2009; 108:1967–1970。
  • Porter JM、McCartney CJ、Chan VW:腋窩動脈の後方への針の配置と注射は、鎖骨下腕神経叢ブロックの成功を予測する可能性があります:2005症例の報告。 Can J Anaesth 52; 69:73–XNUMX。
  • Punj J、Joshi A、Darlong V、Pandey R:鎖骨下窩ブロック中の広がりの超音波特性。 Reg Anesth Pain Med 2009; 34:73。
  • Renes S、Clark L、Gielen M、Spoormans H、Giele J、Wadhwa A:ハンドヘルドドップラーを使用した垂直鎖骨下腕神経叢ブロックへの単純化されたアプローチ。 Anesth Analg 2008; 106:1012-1014。
  • Sahin L、Gul R、Mizrak A、et al:超音波ガイド下鎖骨下腕神経叢ブロックは動静脈瘻の術後血流を促進します。 J Vasc Surg 2011; 54:749–753。
  • Sala-Blanch、Reina MA、Pangthipampai P、Karmakar MK 肋鎖骨腔における腕神経叢ブロックの解剖学的基礎死体の解剖学的研究。 Reg Anesth Pain Med 2016; 41:387–391。
  • Sandhu NS、Capan LM:超音波ガイド下鎖骨下腕神経叢ブロック。 Br J Anaesth 2002; 89:254–259。
  • Sandhu NS、Maharlouei B、Patel B、Erkulwater E、Medabalmi P:超音波ガイダンスを使用した低用量リドカインによる同時両側鎖骨下腕神経叢ブロック。 Anesthesiology 2006; 104:199–201。
  • Sandhu NS、Sidhu DS、Capan LM:神経刺激装置と超音波ガイダンスによる鎖骨下腕神経叢ブロックのコスト比較。 Anesth Analg 2004; 98:267–268。
  • Sauter AR、Dodgson MS、Stubhaug A、Halstensen AM、Klaastad O:外側矢状鎖骨下ブロックに対する電気神経刺激または超音波ガイダンス:無作為化、対照、観察者盲検、比較研究。 Anesth Analg 2008; 106:1910–1915。
  • Sauter AR、Smith HJ、Stubhaug A、Dodgson MS、Klaastad O:鎖骨下腕神経叢の2006本のコードすべてに最も近い解剖学的位置を定義するための磁気共鳴画像法の使用。 Anesth Analg 103; 1574:1576–XNUMX。
  • Slater ME、Williams SR、Harris P、et al:超音波ガイダンスを使用して挿入された鎖骨下カテーテルの予備評価:カテーテル貫通麻酔は、針貫通ブロックより劣っていません。 Reg Anesth Pain Med 2007; 32:296–302。
  • Taboada M、Rodriguez J、Amor M、et al:超音波ガイダンスは、烏口骨鎖骨下腕神経叢ブロックに対する従来の神経刺激よりも優れていますか? Reg Anesth Pain Med 2009; 34:357–360。
  • Tedore TR、YaDeau JT、Maalouf DB、et al:上肢手術のための経動脈的腋窩ブロックと超音波ガイド下鎖骨下ブロックの比較:前向き無作為化試験。 Reg Anesth Pain Med 2009; 34:361–365。
  • Trabelsi W、Amor MB、Lebbi MA、Romdhani C、Dhahri S、Ferjani M:超音波は、手技の期間を短縮しませんが、鎖骨下腕神経叢ブロックの神経刺激装置と比較して、より速い感覚および運動ブロックの開始を提供します。 Korean J Anesthesiol 2013; 64:327–333。
  • Tran DQ、Bertini P、Zaouter C、MuñozL、Finlayson RJ:シングルインジェクションとダブルインジェクションの超音波ガイド下鎖骨下腕神経叢ブロックの前向き無作為化比較。 Reg Anesth Pain Med 2010; 35:16–21。
  • Tran DQ、Charghi R、Finlayson RJ:鎖骨下腕神経叢ブロックを成功させるための「ダブルバブル」サイン。 Anesth Analg 2006; 103:1048-1049。
  • Tran DQ、Clemente A、Tran DQ、Finlayson RJ:「ダブルバブル」サインを使用した超音波ガイド下鎖骨下ブロックと神経刺激ガイド下腋窩ブロックの比較。 Anesth Analg 2008; 107:1075-1078。
  • Tran DQ、Dugani S、Dyachenko A、Correa JA、Finlayson RJ:超音波ガイド下鎖骨下ブロックのリドカインの最小有効量。 Reg Anesth Pain Med 2011; 36:190–194。
  • Tran DQ、Russo G、MuñozL、Zaouter C、Finlayson RJ:超音波ガイド下鎖骨上、鎖骨下、および腋窩腕神経叢ブロック間の前向き無作為化比較。 Reg Anesth Pain Med 2009; 34:366–371。
  • Yazer MS、Finlayson RJ、Tran DQ:鎖骨下ブロックと標的クラスター内注射鎖骨下ブロックのランダム化比較。 Reg Anesth Pain Med 2015; 40:11–15。

追加の読み物: 鎖骨下腕神経叢ブロック–ランドマークと神経刺激技術