超音波ガイド下鎖骨上腕神経叢神経ブロック-NYSORA| NYSORA

超音波ガイド下鎖骨上腕神経叢神経ブロック

Thomas F. Bendtsen、Ana M. Lopez、およびCatherine Vandepitte

FACTS

  • 適応症:腕、肘、前腕、手の手術; 肩の手術のための麻酔も可能です(図1).
  • トランスデューサーの位置:首を横切って、中点で鎖骨より上になります(図1)
  • 目標:鎖骨下動脈の後方および表面の腕神経叢の周囲に広がる局所麻酔薬
  • 局所麻酔薬:20〜25 mL

図1 鎖骨上腕神経叢神経ブロックの予想される感覚分布。

一般的な考慮事項

この場所では、 腕神経叢 胸腔と胸膜に懸念がありました(図2)超音波(US)ガイダンスが、腕神経叢神経ブロックへの鎖骨上アプローチへの関心を新たにするまで。 神経叢、肋骨、胸膜、鎖骨下動脈を画像化する機能 US 解剖学的構造と針の配置の監視が改善されたため、安全性が向上しました。 腕神経叢の幹と分裂は、最初の肋骨を通過するときに比較的接近しているため、麻酔の延長と質は良好です。 これらの理由から、鎖骨上神経ブロックは、肩の遠位にある上肢の手術に一般的に使用される技術になっています。

図2 鎖骨(Cl)のわずかに斜め上に適切なトランスデューサーを配置した鎖骨上腕神経叢の解剖学。 黄色の矢印:腕神経叢(BP)。 SA、鎖骨下動脈。

超音波解剖学

鎖骨下動脈は、鎖骨の中点の後方で、前斜角筋と中斜角筋の挿入の間の最初の肋骨を横切っています。 鎖骨下動脈は無響の丸い構造として容易に明らかになりますが、壁側胸膜と最初の肋骨は鎖骨下動脈のすぐ横にある線形の高エコー構造として見ることができます(図3)。 肋骨は音響的な影を落とし、肋骨の深部の画像フィールドは無響に見えます。2腕神経叢は、動脈のすぐ後ろと表面にある低エコーの丸い結節の束として見ることができます(図3 及び 4)。 多くの場合、腕神経叢を取り巻く筋肉の筋膜鞘を見ることができます。 トランスデューサーの向きを調整すると、腕神経叢の上部、中部、下部の幹が肋鎖腔で結合するため、個別に識別できます。 下半身を視覚化するために、最初の肋骨が神経叢と動脈の奥深くに見えるまで、トランスデューサーを矢状面に向けます。 ((図4)。 最初の肋骨の前部または後部は高エコー胸膜であり、肺組織が深くなっています。 この構造は、「スライディング」患者の呼吸と同期した胸膜の動き。 腕神経叢は通常、この場所で1〜2cmの深さで視覚化されます。 腕神経叢の要素のXNUMXつの別々のクラスターの存在は、多かれ少なかれ明白であり、血管による分離を伴う場合もあります(図4)。 背側肩甲骨動脈は通常、腕神経叢を通過するか、腕神経叢の近くを通過します。 より表面的で外側の枝はC5–C7(肩、腕の外側面、前腕)から来ており、斜角筋間領域まで追跡できるのに対し、より深くより内側の偶発性はC8とT1(前腕の手と内側の側面)。 腕と手の神経ブロックを成功させるには、両方の領域に局所麻酔薬を適切に広げる必要があります。 詳細については、を参照してください。 機能的局所麻酔の解剖学。

図3 鎖骨下動脈(SA)のわずかに表在性および後外側に見られる鎖骨上腕神経叢(BP;黄色の矢印)。 腕神経叢は結合組織鞘に包まれています。 上腕神経叢と鎖骨下動脈に対する胸膜と肺の密接な位置に注意してください。 MSM、中斜角筋。

図4 鎖骨に頭側の腕神経叢の超音波画像。 (A)矢状面:腕神経叢の上部(UT)、中部(MT)、下部(LT)の幹は、鎖骨下動脈(SA)の後方で、最初の肋骨の表面に見られます。 (B)斜位図:体幹上半部(UT)は、前部(ASM)と中部(MSM)の斜角筋の間に配置されています。 下半身(LT)と鎖骨下動脈は胸膜の表面にあります。

局所麻酔大要から:鎖骨上腕神経叢ブロックの認知的プライミング。 

NYSORAの地域麻酔大要

NYSORAのプレミアムコンテンツ

60神経ブロックのステップバイステップのテクニックの説明

カスタムイラスト、アニメーション、臨床ビデオ

実際の臨床のヒントを共有するためのコミュニティ

デスクトッププラットフォームまたはモバイルアプリを介したアクセス

試験準備のためのインフォグラフィック(EDRAなど)

麻酔の分布

腕神経叢ブロックへの鎖骨上アプローチは、すべての体幹と分割がこの場所から麻酔されることができるので、しばしば肩を含む上肢の麻酔をもたらします。 ただし、腕の内側の近位部分(肋間上腕神経、T2)の皮膚は、腕神経叢神経ブロックの技術によって麻酔されることはなく、必要に応じて、遠位端に追加の皮下注射を行うことでブロックできます。腋窩(図1)。 腕神経叢の解剖学的構造と分布のより包括的なレビューについては、を参照してください。 機能的局所麻酔の解剖学.

EQUIPMENT

鎖骨上腕神経叢神経ブロックに必要な機器には、次のものがあります。
•線形トランスデューサー(8〜18 MHz)、滅菌スリーブ、およびゲル(または他の音響カップリング剤;生理食塩水など)を備えた超音波装置
•標準的な神経ブロックトレイ
•20〜25mLの局所麻酔薬
•5cm、22ゲージ、短い斜角、絶縁された刺激針
•末梢神経刺激装置
•オープニング射出圧力監視システム
•滅菌手袋

詳細については、こちらをご覧 末梢神経ブロック用の機器はこちら。

ランドマークと患者のポジショニング

超音波トランスデューサーの快適な配置と針の前進を可能にする任意の位置が適切です。 この神経ブロックは、患者が仰臥位、半座位、またはわずかに横向きの姿勢で、患者の頭をブロックする側から遠ざけて行うことができます。 可能であれば、同側の膝に手を伸ばすように患者に求めると、鎖骨がわずかに押し下げられ、前外側の首の構造にアクセスしやすくなります。 鎖骨下動脈、最初の肋骨、および胸膜に関連する腕神経叢の基礎となる解剖学的構造および位置に関する知識は、技術の成功と安全性にとって重要です。 スキャンは通常、鎖骨のすぐ上、ほぼ中間点で開始されます。

ゴール

この神経ブロックの目的は、鎖骨下動脈の後方にある腕神経叢鞘内に針を配置し、このレベルで腕神経叢の幹と分裂を囲むように局所麻酔薬を注入することです。

局所麻酔大要から:面内に針を挿入し、局所麻酔を広げた鎖骨上腕神経叢ブロックの逆超音波解剖学(青)。 SCM、胸鎖乳突筋; ASM、前斜角筋; SA、鎖骨下動脈; MSM、中斜角筋。

TECHNIQUE

患者を適切な位置に置いた状態で、皮膚を消毒し、トランスデューサーを鎖骨のすぐ近位の横断面に、その中間点の少し後ろに配置します。 トランスデューサーは、胸の内容物を画像化するように尾側に傾けられ、鎖骨下動脈の断面図を取得します(図5)。 上腕神経叢は、動脈の後方および表面にある低エコーの楕円形構造の集まりとして見られます。 カラードップラー 針を挿入する前に日常的に使用して、予想される針の軌道における大血管(すなわち、背側肩甲骨動脈、頸横動脈、肩甲骨上動脈)の通過を除外する必要があります。

NYSORAのヒント

図5 鎖骨上腕神経叢神経ブロック:鎖骨のすぐ近位のトランスデューサーの位置と針の挿入。 腕神経叢はこの場所では非常に浅く、通常1〜3cmです。 したがって、針の傾きも同様に浅くする必要があります。 この画像は、神経叢の最良の画像を取得するのに役立つ尾側傾斜も示しています

•可能な限り最高のビューを実現するには、トランスデューサーをわずかに下に傾ける必要があります(の矢印を参照)。 図5)。 目標は、鎖骨下動脈を横から見た状態で、腕神経叢が鎖骨下動脈のすぐ表面と後方にあり、腕神経叢鞘に囲まれていることを確認することです。 トランスデューサーを時計回りに回転させると、神経叢を含む組織空間(シース)の最良のイメージングが容易になることがよくあります。


25〜27ゲージの針を使用して、1〜2 mLの局所麻酔薬をトランスデューサーの1cm外側の皮膚に注入し、針挿入時の不快感を軽減します。 腕神経叢への不注意な穿刺と注射を避けるために、針は最初に1cmより深く挿入されるべきではありません。 少量の注射による局所麻酔薬の分布は、針が組織層を通って進むにつれて観察されます(ハイドロローカリゼーション)。 腕神経叢への不注意な針の挿入を避けるために、少量の注射が使用されます。 次に、神経ブロック針を腕神経叢に向かって外側から内側の方向に平面に挿入します(フィギュア 5 及び 6).

図6 鎖骨上腕神経叢神経ブロック:腕神経叢の神経ブロックに必要な針路と1回の別々の注射。 2つの針の位置(XNUMXとXNUMX)を使用して、腕神経叢(BP)を含む結合組織鞘(矢印)内に局所麻酔薬を注入します。

神経刺激 (0.5 mA、0.1ミリ秒)は、腕、前腕、または手の運動反応に関連していることがよくあります。 ただし、針を正確に配置しても、運動反応が見られない場合があることに注意してください。 針をシースに挿入すると、触知可能な「ポップ」が発生することがよくあります。 注意深く吸引した後、1〜2 mLの局所麻酔薬を注射して、適切な針の配置を確認します。 注射によって腕神経叢が針から離れる方向に移動する場合、適切な局所麻酔薬の拡散を達成するために、神経叢に1〜2mm近い針をさらに前進させる必要があります(図7、8、 及び 9)。 局所麻酔薬の注射によって腕神経叢の周囲に広がりが見られない場合は、針の位置を変える必要があります。 通常、適切な神経ブロックには20〜25mLの局所麻酔薬が必要です。 高齢の患者では、より少ない量を使用できることが示唆されています。 (見る 図7)。 この神経ブロックに関連する補足ビデオは、で見つけることができます 超音波ガイド下鎖骨上腕神経叢神経ブロックビデオ.

図7 腕神経叢(BP)神経ブロックを達成するための、XNUMXつの異なる針位置での局所麻酔薬(青い影付きの領域)の望ましい広がり。 局所麻酔薬は結合組織鞘内に広がり、鎖骨下動脈(SCA)の後方にある腕神経叢幹が分離するはずです。

図8 腕神経叢を取り巻く結合組織鞘内にXNUMX回注射した後、針の経路と予想される局所麻酔薬の広がりをシミュレートする超音波画像。 束内注射のリスクを減らすために、追加のモニタリング(例えば、神経刺激および注射圧)が推奨されます。

図9 鎖骨下動脈(SA)と最初の肋骨の間の単回注射をシミュレートする超音波ガイド下鎖骨上腕神経叢神経ブロック。

みんなが読んでいる

•神経叢、針、および局所麻酔薬の広がりが十分に視覚化されている場合、神経刺激に対する運動反応は必要ありません。
•首は血管の多い領域であり、針の配置や血管構造への注射を避けるように注意する必要があります。 特に重要なのは、このレベルで腕神経叢を横切ることが多い、密接に位置する鎖骨下動脈と背側肩甲骨動脈に注意することです。 他の血管は、肩甲骨上動脈や頸横動脈など、腕神経叢の近くにあります。 の用法 カラードップラー 針の配置と注射の前に強くお勧めします。
•気胸(肺と胸壁の間の空洞に空気またはガスが存在し、肺の虚脱を引き起こします) また、まれですが起こりうる合併症であり、通常は即時ではなく遅延するため、針先を常に見えるようにしておくことが最も重要です。
•注射に対する高い抵抗に対して注射しないでください。 注射を開始できない 開放射出圧力 15 psi未満の場合、束内注射の合図となる可能性があります。
•複数回の注射
•発症の速度と成功率を高める可能性があります。
•局所麻酔薬の必要量を減らすことができる場合があります。
•神経損傷のリスクが高くなる可能性があります。

連続的な超音波ガイド下の鎖骨上神経ブロック

超音波ガイド下の連続鎖骨上神経ブロックは、多くの点で、 斜角筋間カテーテル留置。 目標は、鎖骨下動脈に隣接する腕神経叢の幹と分割部の近くにカテーテルを配置することです。 手順は次の1つのフェーズで構成されます。(2)針の配置。 (3)カテーテルの前進; (XNUMX)カテーテルを固定する。 手順の最初のXNUMXつのステップでは、ほとんどの患者の精度を確保するために超音波を使用できます。 針は通常、外側から内側の方向から平面に挿入され、その結果、先端は腕神経叢鞘のすぐ後ろになります。 次に、針を前進させてシースを貫通させ、続いてカテーテルを留置します。 詳細については、を参照してください。 連続末梢神経ブロック:局所麻酔薬の解決策と注入戦略。

NYSORAのヒント


•横隔神経麻痺のリスクは、斜角筋間神経ブロックよりも低くなりますが、確実に回避することはできません。 したがって、横隔神経ブロックによる呼吸機能の27〜30%の低下に耐えられない患者では、上肢手術の麻酔として腋窩または鎖骨下神経ブロックが適しています。

トンネリングの5つの主な欠点は、トンネリング中にカテーテルが外れるリスクと瘢痕形成の可能性です。 カテーテルを固定するのに役立つ多くの装置が市販されています。 開始時の注入レジメンは、通常、8〜0.2 mL / hの0.125%ロピバカインのブピバカイン3%で、5時間にXNUMX〜XNUMXmLの患者管理のボーラスが使用されます。 カテーテルオーバーニードル技術も説明されています。

この神経ブロックの詳細については、を参照してください。 鎖骨上腕神経叢神経ブロック–ランドマークと神経刺激技術

このテキストは、 局所麻酔大要 NYSORALMSで。

NYSORAの 局所麻酔大要 は、NYSORAのプレミアムコンテンツを特徴とする、AからZまでの局所麻酔に関する最も包括的で実践的なカリキュラムです。 教科書や電子書籍とは対照的に、大要は継続的に更新され、NYSORAの最新のビデオ、アニメーション、およびビジュアルコンテンツを備えています。

この大要は、NYSORAの学習システム(NYSORA LMS)に関するいくつかのゴールドスタンダードの教育コースのXNUMXつであり、 NYSORALMS.com 無料です。 ただし、この大要へのフルアクセスは、年間サブスクリプションに基づいています。これは、イラストレーター、ビデオ編集者、および教育チームの軍隊が、地域の麻酔すべてに関する教育に最適なツールであり続ける必要があるためです。 大要はステロイドに関する電子ブックと考えることができますが、簡単な試乗で、大要が実際にどれほど素晴らしいかをリアルタイムで感じることができます。 サブスクリプションにより、局所麻酔についての読み方が変わります。

  • 視覚的に学ぶ:脊椎、硬膜外、神経ブロックの手順や管理プロトコルなど、地域のすべて
  • 60を超える神経ブロックのステップバイステップのテクニックの説明を確認する
  • NYSORAの伝説的なイラスト、アニメーション、およびビデオ(Reverse Ultrasound Anatomyなど)にアクセスする
  • デスクトッププラットフォームとモバイルアプリを介して、任意のデバイスのRA情報にアクセスします
  • リアルタイムの更新を取得する
  • 試験準備のためのインフォグラフィックを確認する(例:EDRA)
  • コミュニティフィードを実際のケースディスカッションで使用します。画像とビデオは、サブスクライバーと世界のトップエキスパートによって投稿およびディスカッションされます。

大要を購読したくない場合でも、に登録してください ニソラ LMS、局所麻酔の最新情報をいち早く知り、症例の話し合いに参加してください。

これがアクティビティのフィードです ニソラ LMS 次のようになります。

私たちは、あなたが一度経験すると、 大要 オン ニソラ LMS、そしてあなたはあなたの古い本に戻ることは決してないでしょう、そしてあなたのサブスクリプションはNYSORA.comを世界中で無料に保つことをサポートします。

追加の読書

  • Liu SS、Gordon MA、Shaw PM、Wilfred S、Shetty T、Yadeau JT:携帯型肩の手術のための超音波ガイド下局所麻酔の前向き臨床レジストリ。 Anesth Analg 2010; 111:617–623。
  • Hebbard PD:鎖骨上神経ブロックの超音波画像診断における人工的な鏡面鎖骨下動脈。 Can J Anaesth 2009; 56:537–538
  • Abrahams MS、Panzer O、Atchabahian A、Horn JL、Brown AR:症例報告:超音波ガイド下斜角筋間神経ブロック中の局所麻酔薬の広がりの制限。 臨床的相関のある解剖学的変異の説明。 Reg Anesth Pain Med 2008; 33:357–359。
  • 村田H、酒井A、Hadzic A、住川K:鎖骨上腕神経叢ブロックで一般的に使用される2012つの超音波プローブ位置での頸横動脈と肩甲背神経の横動脈の存在。 Anesth Analg 115; 470:473–XNUMX。
  • PavičićŠarićJ、Vidjak V、TomulicćK、Zenko J:超音波ガイド下鎖骨上腕神経叢神経ブロックの局所麻酔薬の最小有効量に対する年齢の影響。 Acta Anaesthesiol Scand 2013; 57:761–766。
  • 村田秀樹、酒井晃、住川健一:鎖骨上領域の腕神経叢前方の静脈構造。 Reg Anesth Pain Med 2011; 36:412–413。
  • Snaith R、Dolan J:超音波ガイド下鎖骨上神経ブロックの前の術前カラープローブドップラースキャン。 Anesth Pain Med 2010; 35:223。
  • Guirguis M、Karroum R、Abd-Elsayed AA、Mounir-Soliman L:超音波ガイド下鎖骨上神経ブロック後の急性呼吸窮迫。 Ochsner J 2012; 12:159–162。
  • Bhatia A、Lai J、Chan VW、Brull R:症例報告:腕神経叢神経ブロックに対する超音波ガイド下鎖骨上アプローチの合併症としての気胸。 Anesth Analg 2010; 111:817–819。
  • Abell DJ、Barrington MJ:超音波ガイド下鎖骨上神経ブロック後の気胸:特徴、リスク、および関連するトレーニングの提示。 Reg Anesth Pain Med 2014; 39:164–167。
  • Gauss A、Tugtekin I、Georgieff M、Dinse-Lambracht A、Keipke D、Gorsewski G:超音波ガイド下鎖骨下および鎖骨上腕神経叢神経ブロックにおける臨床的に症候性の気胸の発生率。 麻酔2014;69:327–336。
  • Kumari A、Gupta R、Bhardwaj A、Madan D:鎖骨上神経ブロック後の気胸の遅延。 J Anaesthesiol Clin Pharmacol 2011; 27:121–122。
  • Kakazu C、Tokhner V、Li J、Ou R、Simmons E:超音波ガイダンスの新時代:鎖骨上神経ブロックからの気胸は過去のまれな合併症ですか? Br J Anaesth 2014; 113:190–191。
  • Tran DQ、MuñozL、Zaouter C、Russo G、Finlayson RJ:シングルインジェクションとダブルインジェクションの超音波ガイド下腕神経叢神経ブロックの前向き無作為化比較。 Reg Anesth Pain Med 2009; 34:420–424。
  • Techasuk W、GonzálezAP、Bernucci F、Cupido T、Finlayson RJ、Tran DQ:ダブルインジェクションとターゲットクラスター内インジェクション超音波ガイド下腕神経叢神経ブロックのランダムな比較。 Anesth Analg 2014; 118:1363–1369。
  • Arab SA、Alharbi MK、Nada EM、Alrefai DA、Mowafi HA:超音波ガイド下鎖骨上腕神経叢神経ブロック:上肢動静脈アクセス手術のためのシングル対トリプル注射技術。 Anesth Analg 2014; 118:1120–1125。
  • Ip VH、Tsui BC:カテーテルオーバーニードルアセンブリは、時間のかかるカテーテル挿入ステップなしで鎖骨上腕神経叢神経ブロックを延長するための2013番目の局所麻酔薬ボーラスの送達を容易にします:無作為化対照研究。 Can J Anaesth 60; 692:699–XNUMX。
  • Aguirre J、Ekatodramis G、Ruland P、Borgeat A:超音波ガイド下鎖骨上神経ブロック:本当に安全ですか? Reg Anesth Pain Med 2009; 34:622。
  • Arcand G、Williams SR、Chouinard P、et al:超音波ガイド下鎖骨下神経ブロックと鎖骨下神経ブロック。 Anesth Analg 2005; 101:886–890。
  • Beach ML、Sites BD、Gallagher JD:神経刺激装置を使用しても、超音波ガイド下鎖骨上神経ブロックの効果は向上しません。 J Clin Anesth 2006; 18:580–584。
  • Bigeleisen PE、Moayeri N、Groen GJ:超音波ガイド下鎖骨上神経ブロック中の神経外刺激と神経内刺激のしきい値。 Anesthesiology 2009; 110:1235–1243。
  • Chan VW、Perlas A、Rawson R、Odukoya O:超音波ガイド下鎖骨上腕神経叢神経ブロック。 Anesth Analg 2003; 97:1514–1517。
  • Chin KJ、Niazi A、Chan V:超音波によって検出された鎖骨上領域の異常な腕神経叢の解剖学。 Anesth Analg 2008; 107:729–731。
  • Chin J、Tsui BC:D5Wの血管内注射によるインピーダンスの変化はありません。 Can J Anaesth 2010; 57:559–564。
  • コリンズAB、グレイAT、ケスラーJ:超音波ガイド下鎖骨上腕神経叢神経ブロック:修正された下げ振り技術。 Reg Anesth Pain Med 2006; 31:591–592。
  • コーニッシュP:鎖骨上神経ブロック—新しい視点。 Reg Anesth Pain Med 2009; 34:607–608。
  • コーニッシュPB、リーパーCJ、ネルソンG、アンスティスF、マッキランC、スティエンストラR:継続的な鎖骨上局所麻酔中の横隔神経不全麻痺の回避。 麻酔2007;62:354–358。
  • Duggan E、Brull R、Lai J、Abbas S:多発性血管腫症の患者における超音波ガイド下腕神経叢神経ブロック。 Reg Anesth Pain Med 2008; 33:70–73。
  • Duggan E、El Beheiry H、Perlas A、et al:超音波ガイド下鎖骨上腕神経叢神経ブロックの局所麻酔薬の最小有効量。 Reg Anesth Pain Med 2009; 34:215–218。
  • Feigl GC、Dreu M:安全な超音波ガイド下鎖骨上神経叢神経ブロックで知られる重要な構造。 Reg Anesth Pain Med 2010; 35:317–18。
  • Feigl GC、Pixner T:超音波ガイド下腕神経叢神経ブロックの落とし穴としての斜角筋間ギャップの変化の組み合わせ。 Reg Anesth Pain Med 2011; 36:523–524。
  • Fredrickson MJ、Kilfoyle DH:選択的整形外科手術のための1000個の超音波ガイド下末梢神経ブロックの神経学的合併症分析:前向き研究。 麻酔2009;64:836–844。
  • Fredrickson MJ、Patel A、Young S、Chinchanwala S:「角ポケット鎖骨上」および鎖骨下超音波ガイド下腕神経叢神経ブロックの発症速度:無作為化された観察者と盲検の比較。 麻酔2009;64:738–744。
  • Gupta PK、Pace NL、Hopkins PM:鎖骨上腕神経叢神経ブロックのブピバカイン50%のED0.5量に対する肥満度指数の影響。 Br J Anaesth 2010; 104:490–495。
  • Hanumanthaiah D、Vaidiyanathan S、Garstka M、Szucs S、Iohom G:超音波ガイド下鎖骨上神経ブロック。 Med Ultrason 2013; 15:224–229。
  • Heil JW、Ilfeld BM、Loland VJ、Mariano ER:上肢の周術期鎮痛のための新しい超音波ガイド下鎖骨上神経周囲カテーテル挿入技術の予備的経験。 J Ultrasound Med 2010; 29:1481–1485。
  • Ihnatsenka B、Boezaart AP:首の後頸三角の応用ソノアナトミー。 Int J Shoulder Surg 2010; 4:63–74。
  • Jeon DG、Kim SK、Kang BJ、Kwon MA、Song JG、Jeon SM:局所麻酔薬のさまざまな量に応じた超音波ガイド下鎖骨上神経ブロックの比較。 Korean J Anesthesiol 2013; 64:494–499。
  • チョンDG、キムWI。 症例シリーズ:105人の患者における超音波ガイド下鎖骨上神経ブロック。 Korean J Anesthesiol 2010; 58:267–271。
  • Kapral S、Krafft P、Eibenberger K、Fitzgerald R、Gosch M、Weinstabl C:腕神経叢の局所麻酔のための超音波ガイド下鎖骨上アプローチ。 Anesth Analg 1994; 78:507–513。
  • 金城S、フランケルA:超音波ガイダンス下での鎖骨上神経ブロックの失敗:頸部血管の解剖学的変化の臨床的関連性。 J Anesth 2012; 26:100–102。
  • Klaastad O、Sauter AR、Dodgson MS:超音波ガイダンスの有無にかかわらず腕神経叢神経ブロック。 Curr Opin Anaesthesiol 2009; 22:655–660。
  • la Grange P、Foster PA、Pretorius LK:鎖骨上腕神経叢神経ブロックにおけるドップラー超音波血流検出器の応用。 Br J Anaesth 1978; 50:965–967。
  • Lasserre A、Tran-Van D、Gaertner E、Labadie P、Fontaine B:超音波ガイド下局所麻酔:合併症の実現と診断[フランス語]。 Ann Fr Anesth Reanim 2009; 28:584–587。
  • Macfarlane AJ、Perlas A、Chan V、Brull R:エイトボール、コーナーポケット超音波ガイド下鎖骨上神経ブロック:引っかき傷を避けます。 Reg Anesth Pain Med 2008; 33:502–503。
  • Manickam BP、Oosthuysen SA、Parikh MK:鎖骨上腕神経叢神経ブロック-最初の肋骨の鎖骨下動脈に対する腕神経叢の変異関係。 Reg Anesth Pain Med 2009; 34:383–384。
  • Marhofer P、Schrogendorfer K、Koinig H、Kapral S、Weinstabl C、Mayer N:超音波ガイダンスは、感覚神経ブロックとスリーインワン神経ブロックの発症時間を改善します。 Anesth Analg 1997; 85:854–857。
  • Morfey D、Brull R:超音波ガイド下鎖骨上神経ブロック:神経内とは何ですか? 麻酔学2010;112:250–251。
  • Morfey DH、Brull R:コーナーポケットを見つける:超音波ガイド下鎖骨上神経ブロックの目印。 麻酔2009;64:1381。
  • Neal JM、Moore JM、Kopacz DJ、Liu SS、Kramer DJ、Plorde JJ:鎖骨上神経ブロック後の呼吸、運動、および感覚機能の定量分析。 Anesth Analg 1998; 86:1239–1244。
  • Perlas A、Chan VW、Simons M:超音波および電気刺激を使用した腕神経叢の検査と位置特定:ボランティア研究。 Anesthesiology 2003; 99:429–435。
  • Perlas A、Lobo G、Lo N、Brull R、Chan VW、Karkhanis R:超音波ガイド下鎖骨上神経ブロック:510の連続した症例の結果。 Reg Anesth Pain Med 2009; 34:171–176。
  • Plunkett AR、Brown DS、Rogers JM、Buckenmaier CC III:負傷した兵士の鎖骨上連続末梢神経ブロック:超音波が唯一の選択肢である場合。 Br J Anaesth 2006; 97:715–717。
  • Reiss W、Kurapati S、Shariat A、Hadzic A:超音波/電気刺激ガイド下鎖骨上腕神経叢神経ブロックを複雑にする神経損傷。 Reg Anesth Pain Med 2010; 35:400–401。
  • Renes SH、Spoormans HH、Gielen MJ、Rettig HC、van Geffen GJ:超音波ガイド下鎖骨上腕神経叢神経ブロックでは、片側横隔膜不全麻痺を回避できます。 Reg Anesth Pain Med 2009; 34:595–599。
  • Roy M、Nadeau MJ、CôtéD、et al:超音波ガイド下鎖骨上神経ブロックの単回または二重注射技術の比較:前向き無作為化盲検対照試験。 Reg Anesth Pain Med 2012; 37:55–59。
  • Samet R、Villamater E:2008つのボール、超音波ガイド下鎖骨上神経ブロック用のコーナーポケット:引っかき傷のリスクが高い。 Reg Anesth Pain Med 33; 87:XNUMX。
  • ショートハウスJR、ダンベリーCM:クリッペル-ファイル症候群における超音波ガイド下鎖骨上腕神経叢神経ブロック。 麻酔2009;64:693–694。
  • Sivashanmugam T、Ray S、Ravishankar M、Jaya V、Selvam E、Karmakar MK:超音波ガイド下鎖骨上腕神経叢神経ブロック中の局所麻酔薬の顔面外注射と顔面下注射のランダム化比較。 Reg Anesth Pain Med 2015; 40:337–343。
  • Soares LG、Brull R、Lai J、Chan VW:エイトボール、コーナーポケット:超音波ガイド下鎖骨上神経ブロックに最適な針の位置。 Reg Anesth Pain Med 2007; 32:94–95。
  • Song JG、Jeon DG、Kang BJ、Park KK:超音波ガイド下鎖骨上神経ブロックに対するメピバカインの最小有効量。 Korean J Anesthesiol 2013; 65:37–41。
  • Subramanyam R、Vaishnav V、Chan VW、Brown-Shreves D、Brull R:超音波ガイド下鎖骨上神経ブロックに対する外側対内側針アプローチ:ランダム化比較試験。 Reg Anesth Pain Med 2011; 36:387–392。
  • Techasuk W、GonzálezAP、Bernucci F、Cupido T、Finlayson RJ、Tran DQ:ダブルインジェクションとターゲットクラスター内インジェクション超音波ガイド下腕神経叢神経ブロックのランダムな比較。 Anesth Analg 2014; 118:1363–1369。
  • Tran DQ、Dugani S、Correa JA、Dyachenko A、Alsenosy N、Finlayson RJ:超音波ガイド下鎖骨上神経ブロックのリドカインの最小有効量。 Reg Anesth Pain Med 2011; 36:466–469。
  • Tran DQ、Munoz L、Zaouter C、Russo G、Finlayson RJ:シングルインジェクションとダブルインジェクションの超音波ガイド下腕神経叢神経ブロックの前向き無作為化比較。 Reg Anesth Pain Med 2009; 34:420–424。
  • Tran DQ、Russo G、Munoz L、Zaouter C、Finlayson RJ:超音波ガイド下鎖骨上、鎖骨下、および腋窩腕神経叢神経ブロック間の前向き無作為化比較。 Reg Anesth Pain Med 2009; 34:366–371。
  • Tsui BC、Doyle K、Chu K、Pillay J、Dillane D:症例シリーズ:104日症例の手外科患者における曲線プローブを使用した超音波ガイド下鎖骨上神経ブロック。 Can J Anaesth 2009; 56:46–51。
  • Tsui BC、Twomey C、Finucane BT:無菌の透明な包帯を備えた湾曲した超音波プローブを使用した鎖骨上領域の腕神経叢の可視化。 Reg Anesth Pain Med 2006; 31:182–184。
  • VadeBoncouer TR、Weinberg GL、Oswald S、Angelov F:超音波ガイド下鎖骨上腕神経叢神経ブロック中の血管内注射の早期発見。 Reg Anesth Pain Med 2008; 33:278–279。
  • Vermeylen K、Engelen S、Sermeus L、Soetens F、Van de Velde M:鎖骨上腕神経叢神経ブロック:レビューと現在の実践。 Acta Anaesthesiol Belg 2012; 63:15–21。
  • Vernieuwe L、Van de Putte P:最初の肋骨がない患者の超音波ガイド下鎖骨上神経ブロック。 J Clin Anesth 2015; 27:361–362。
  • 渡辺徹、柳橋健一、守谷健一、牧由紀子、坪川直樹、馬場秀樹:頸肋骨患者における超音波ガイド下鎖骨上腕神経叢神経ブロック。 Can J Anaesth 2015; 62:671–673。
  • Williams SR、Chouinard P、Arcand G、et al:超音波ガイダンスは実行をスピードアップし、鎖骨上神経ブロックの質を改善します。 Anesth Analg 2003; 97:1518–1523。
  • Yazer MS、Finlayson RJ、Tran DQ:鎖骨下神経ブロックと標的クラスター内注射鎖骨下神経ブロックのランダム化比較。 Reg Anesth Pain Med 2015; 40:11–15。